小籔千豊、結婚が決まった幸せカップルにチクリ「あれは止めてあげて」

11月15日(金)19時0分 AbemaTIMES

 11月9日(土)よる10時より、AbemaTVにてオリジナル結婚リアリティーショー『さよならプロポーズ』最終回が放送。番組MCを務める小籔千豊が、フミヤ(26)との結婚が決まったカナミ(27)に、苦言を呈する場面があった。

 本番組は、仕事が第一の彼氏を持つ交際2年のカップルと、関東と関西の遠距離恋愛をしている交際3年のカップルの2組が、イタリア7日間の旅を通し、最終日に“結婚する”か、“別れる”かのどちらかを必ず決断する、最も残酷で、愛に溢れた結婚リアリティーショー。小籔千豊がメインMCを務め、最終回となった第12話はゲストに陣内智則、紗栄子、桃を迎えて放送された。

 時にぶつかり合い、とことん悩み抜き、全力でパートナーと向き合った7日間の旅。フミヤとカナミはその最終日に、結婚を決断した。この結末を受け、スタジオは祝福ムード一色に。なかでも初回から2人のことを見守り続けてきた小籔は、「喋ったこともないカップルの結婚、こんなに良かったと思うことない」と、しみじみ語った。
 

 しかし、その一方で小籔にはどうしても気になったことがあった様子。「ただ、カナミさんに一言言いたいですね」と切り出すと、「言い方だけ気いつけてなって思いますね」とチクリ。スーパーマーケットで口論になった時をはじめ、フミヤと意見が対立した時のカナミの物言いが、喧嘩口調だったと指摘し、「あれだけ止めたってほしい。フミヤさんかわいそう」とフミヤに同情を寄せた。

 陣内も小藪の意見に賛同。喧嘩口調で話されると、男性側もヒートアップしてしまう可能性があると話すと、小籔は「それがなれへんフミヤさんが、ホンマ偉いということは、カナミさんわかってあげてほしい」と諭していた。
 

▶動画:【同棲2年カップル決断】幸せのつくりかた さよならプロポーズ

AbemaTIMES

「結婚」をもっと詳しく

「結婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ