失敗したボーナスの使い道は?「偽物の骨董品に78万」「宝くじ30万分」——満足したのは「科学特捜隊の隊員徽章」「墓石」

11月15日(水)16時49分 キャリコネニュース

キャリアデザインセンターは11月15日、「思い切ったボーナスの使い道」に関するアンケート結果を発表した。調査は今年9〜10月に実施。同社運営「typeメンバーズパーク」会員の10〜70代の男女305人から回答を得た。

ボーナスを使った買い物で最も金額が高かったものを聞くと、

「阪神競馬場で競馬三昧、45万円」(30代女性/IT・通信系)
「整形代、18万円」(20代女性/小売・販売系)
「いつもショップで眺めるだけの釣具(50万円)をまとめて購入」(50代男性/その他)

などがあげられた。他にも、「家族でヨーロッパ旅行、150万円」(60代男性/小売・販売系)という人もいた。

「増毛センターで入会金や治療器具やらで30万円かかっても効果がなかった」

ボーナス、何に使います?

ボーナスの使い方を聞くと「貯金する方が多い」(33.8%)、「使う額と貯金が半分ずつくらい」(21.6%)と堅実志向の人が多かった。「使う方が多い」は26.2%で、「ボーナスがない」という人も18.4%いた。

ボーナスを使えば普段は出来ない大きな買い物や自己投資も可能だ。いい買い物をすれば満足感も高いが、失敗すればダメージも相当だろう。使い道で失敗したことを聞くと、

「骨董品を78万円で購入したのですが、知り合いの鑑定士さんに鑑定してもらったところ、偽物だということが判明、大ショック」(20代女性/サービス系)
「増毛センターに行って、入会金や治療器具やらで30万円かかっても効果がなかったこと」(50代男性/メーカー・技術系)

など、ドンマイと声をかけたくなるエピソードが挙げられた。またボーナス支給日前日に宝くじ3億円が当たるリアルな夢をみたという30代男性は「これは絶対当たる!と思いボーナス30万円で宝くじをまとめ買い!」したが、残念ながら当たらなかったようだ。

「コンビニのおでんを『全部ください』と言ってみたかった」

また「人には理解されないけど自分としては大満足だった使い道」について聞くと、

「『ウルトラマン』の科学特捜隊の隊員徽章というものを買いました。家族には全く理解されませんでしたが、いつかスーツの襟につけて堂々と出勤してやろうと思っています」(40代男性/メーカー・技術系)
「高級明治陸軍の軍服を買ったことです」(40代男性/サービス系)

など趣味に使ったという人も少なくはない。他にも「一度でいいから、店で『全部下さい』と言ってみたかった」と"コンビニのおでん"を買い占めた40代男性や、

「墓石と墓地。20代前半だったので、周囲はぽかーん」(50代女性/その他)
「スタバでドヤ顔したいがためにMacを購入。どやってます」(30代/女性/商社系)

などという人もいた。


キャリコネニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ボーナスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ