なんでなの?「彼氏がほしいときほど彼氏ができない」原因

11月15日(水)21時0分 ハウコレ



今すぐにでも彼氏がほしくて色々とがんばっているときには、いつまで経っても彼氏ができない。


でも、「今は別に彼氏とかいいかな」なんて思っているとき限って、男性から言い寄られることが多い。


なぜそういうことがよく起こってしまいがちなのか、その原因について今回は紹介します。


■1.気軽に「誘いにくい」

ちょっと気になる女性がいたら、男性は「まず軽く食事でも行きたいな」なんて思うもの。


でも、その女性が「彼氏ほしいオーラ全開」だと、誘うに誘えなくなります。
誘ったらもう付き合わなければいけないかのようなプレッシャーがあるので、いきなりそんな勇気など出るわけがありません。


何度か遊んだりして、「こんな子が彼女だったらな」なんて感じてきたら、付き合うことも意識し始めるというのが自然な流れ。
いきなり付き合うことを意識しなければいけないような女性は、さすがにちょっと重すぎるでしょう。


■2.「空回り」することが多い

恋人がほしいという気持ちが高まれば高まるほど、ガツガツしてしまう部分もあるでしょう。


獲物を狙っているかのような女性からは、何とかして逃げたいと思うのは、ある意味男性の本能のようなもの。お互いに理解し合うことがないまま攻められると、逃げたくなるのは当たり前です。


ガツガツすると気持ちがばかりが先走るので、空回りをくり返すことにもなりがち。


「しゃべらなければいい女なのに」とか「もう少し控えめな女性だったらよかったのにな」などと、空回りしていなければうまくいっていたかもしれないケースだってあるものですよ。


■3.「周り」が見えなくなる

彼氏がほしいという気持ちが強いときは、ちょっといいなと思う男性が現れたら、すぐにその男性を落とすことにしか目がいかなくなり、全く周りが見えなくなる。


その落ち着きのない姿に、周囲の男性たちは引いていってしまいます。


もちろん、気になる男性に夢中になるのは悪いことではないですが、興味のある男性が現れる度にそんなことをしていたら、節操がないという印象にしかならないかも。


もっと全体的に気配りができるようになると、あなたに興味を持ってくれる男性の割合だって増えていくはずですよ。


■4.「理想」が高くなっていく

彼氏がほしいという思いが強いからこそ、彼氏や男性そのものについてアレコレと色々考える時間も増えていく。
そうなると、自然と男性に求める理想も高くなっていくもの。
「やっぱり背は高い方がいい」とか「車は持っていてほしい」とか、少しずつ自分でハードルを上げていってしまうのです。


ハードルが上がれば上がるほど、それに見合った彼氏は見つかりにくくなる。これでは、彼氏ができない悪循環に陥ってしまうだけでしょう。


条件面でばかり男性を選んでいると、なかなか恋愛にまで発展させるのは難しくなりますよ。


■おわりに

彼氏を作ろうとしてガツガツしている女性には、男性はあまり魅力を感じません。


少し心に余裕を持たないと、男性が近づく隙も見つけられないので、お誘いだってしてもらえないですよ。 (山田周平/ライター)


(ハウコレ編集部)
(yuzuyuzu@yu1zu/モデル)
(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

ハウコレ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

がんをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ