「もう、別れる!」はNG!けんかの時にしてはいけないこと

11月15日(水)11時0分 ハウコレ



“雨降って地固まる”なんていう言葉もあるように、けんかはお互いへの理解や愛を深めるのに必要なこと。でも、そこでこじれると破局まっしぐら・・・なんてことも結構あるよう。
今回は、愛を一瞬にして凍らせてしまうNG言動をご紹介しましょう。


■・元カレと比較する

「気に入らないことがあるとすぐに『元カレは○○してくれたのにー!』と言ってきた前の彼女。自分が悪くても比べられるとイラっとして直す気なくなっちゃう。『じゃあ、元カレと付き合えば?』って感じじゃん」(18歳/学生)


人と比較をされるのは誰でも嫌なものです。しかもそれが彼にとって一番比べられたくない相手である元カレとなれば嫌悪感も特に大きいはず。


自分よりも元カレのほうが好きなのでは・・・?と彼に誤解を与えかねない言動です。他でもない彼と仲良く付き合っていくためのけんかなのですから、登場人物は彼とあなただけで十分ですよ。


■・「別れる」と脅す

「元カノがちょっとのことで『別れる!』って騒ぐ子で・・・。はじめは本当にふられると思って必死に直してたけど、毎回その展開だから疲れてどうでもよくなってきた。で、ある日、『じゃあ、別れよう』って俺が同意したら急に『別れない!』って泣きついてきてさ。やっぱり今までのは俺を操縦するための脅しだったんだ・・・ってわかってかなりムカついた」(22歳/学生)


こっちが怒っているのに彼がまともに取り合ってくれない・・・となると真剣度を伝えるために別れを引き合いに出したくなるんですよね。でも、「別れる」という言葉は要注意。


何度も続くと追い込まれるのに疲れ、もう無理・・・と彼のほうから別れを決断するパターンが多いんです。


もちろん、「自分の思うようにするために別れをちらつかせている」という行動自体にも、彼は嫌悪感を抱くでしょう。


別れを出すのは本当に別れる覚悟ができてからにしたほうが後々、後悔しなくて済みそうです。


■・感情をそのままぶつける

「怒り出すとヒステリックに感情をぶつけてくる子とは続かない。ひどいこと言われたらこっちも傷つくし、わーわー怒鳴られると気分が悪くなっちゃう。冷静に話し合いできないと問題があっても解決できないから仲直りできない」(20歳/学生)


冷静に話し合えば解決できることも、感情のままにぶつかってしまうと収拾がつかなくなってしまいます。


ヒステリックが伝染し、相手も感情的になれば売り言葉に買い言葉の無限ループに・・・。感情をむき出しにして傷つけあうより、冷静に解決に向けて話し合ってみてはいかがでしょう。


■・何もなかったふりをする

「明らかに話し合うべき問題があるのに何もなかったふりをしてスルーしてきた元カノ。本心が見えないから付き合ってても不安で別れちゃったよ。きちんと心を見せあえる子じゃないと関係は築けないよね」(24歳/損保)


彼とぶつかり合いたくない、けんかして嫌われたくない・・・そんな思いから何もなかったふりをしちゃうのかもしれません。


せっかくのデート、険悪ムードでけんかするよりも仲良く楽しみたいという気持ちもわかりますが、不満を残したまま取り繕ってもお互い気持ち悪いはず。彼もあなたの心を読み切れずに不安になってしまいます。


何よりも、また同じことで二人の間にトラブルが起こるかもしれません。問題から逃げるのでなく、2人できちんと向きあった方がスッキリすると思いますよ。


■おわりに



どんなにイライラしても、怒り心頭でも、今後も仲良く付き合っていきたいのなら、上記は避けたほうが賢明。


けんかの目的は傷つけることではなく、お互いをより理解するためのはずです。
根気よく話し合い、一つ一つ丁寧に解決し、けんかするたびに愛が深まるようなそんな2人になれるといいですね。(城山ちょこ/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

けんかをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ