チーズじゃないよ! 大豆からできた「豆乳ぶろっく」、チーズと違和感なしと話題

11月15日(水)18時41分 J-CASTニュース

「チーズのような豆乳ぶろっく」

写真を拡大

「まめ」を食生活にプラスするライフスタイルを推進している「まめプラス推進委員会」は、2017年11月15日〜21日までの期間限定で、大豆からできた「チーズのような豆乳ぶろっく」を発売する。

やさしい味わい実現



見た目はチーズそっくりのブロック状。


世界初の特許製法USS(Ultra Soy Separation)製法によりつくられた豆乳発酵食品だ。従来のチーズ代替品「イミテーションチーズ」や「アナログチーズ」とは異なり、乳製品のチーズ同様に発酵の工程を経ているため、香料は一切添加せずに、濃厚なコクや大豆本来のうま味、やさしい味わいを実現している。



2017年1月にも、銀座三越で期間限定で販売されていた。購入客からは、


「こんなにおいしいのに、動物性不使用とは思えない」

「教えてもらわなければ、大豆からできていると気づかない」

「乳からできたチーズとの違和感がない」

などの声が多く上がっていた。



販売は、東京・新宿にある伊勢丹新宿本店グローサリーコーナー・シェフズセレクション。



価格は80グラム648円、180グラム1404円。


詳しくは公式サイトまで。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

チーズをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ