コンセントカバーで赤ちゃんの事故を防ぐ!必要な理由とおすすめの種類

11月15日(水)10時45分 マイナビウーマン

コンセントカバーで赤ちゃんの事故を防ぐ!必要な理由とおすすめの種類

写真を拡大

赤ちゃんのためにコンセントカバーを準備しましょう。コンセント周りは感電事故が多いので、安全カバーでガードする必要があります。「手作りはできる?」「ダイソーなど100均でもある?」など気になる疑問に答えます。コンセントキャップより誤飲しにくいフルカバーの方が安全対策に効果的です。おしゃれなタイプも!
なぜコンセントカバーが赤ちゃんに必要なの?

赤ちゃんがハイハイするようになったら、コンセントカバーで事故を防ぎましょう。
ハイハイ時期の赤ちゃんに必須!コンセントカバーとはコンセントカバーは子育てファミリーに欠かせない感電事故予防グッズです。赤ちゃんがハイハイを始める頃になると、むき出しになっているコンセント付近の事故が多発するので、カバーでガードしなければなりません。早ければ生後5カ月にハイハイを始める赤ちゃんも少なくないので、早めに準備しておくと安心です。
感電以外にも!カバーで防げる赤ちゃんのコンセント事故好奇心旺盛な赤ちゃんは、コンセントにも興味津々になります。よだれで濡れた手でベタベタ触り、感電事故を起こすことも。直接舐めてしまう赤ちゃんも珍しくありません。もう少し大きくなると、ママのヘアピン、ハサミやスプーンなどの金属を差し込もうとする可能性もおおいにあります。ポッキーなどのお菓子を入れようとする子供も多く、本当に危険なスポットになります。

しかも、赤ちゃんを危ない目に遭わせるコンセント周りの事故は、感電事故だけではありません。埃が詰まっている状態で差し込んであるコンセントを引っ張ると火災の原因にもなりかねません。カバーで予防し、赤ちゃんのリスクを減らしましょう。
今すぐ取り付けたい時は手作りにトライ赤ちゃんにとって危険が及ぶことを実感し、今すぐコンセントカバーをつけたくなったママもいらっしゃるでしょう。コンセントカバーは100均にも売っていますが、もう営業時間が終わっている場合、今日中に買いに行く時間がない時は、透明ケースを壁に取りつける方法もおすすめです。

コンセントの形にくり抜いてはめ込み、壁にネジ留めして蓋をするだけで良いので、ペットのいたずら対策にも効果的です。おしゃれな見た目とは言えませんが、とりあえずカバーをする目的は果たすことができます。
赤ちゃんに安全なコンセントカバーの種類

赤ちゃんの事故対策に役立つコンセントカバーは2種類に大別できます。
赤ちゃんが誤飲しやすい?穴だけ塞ぐ安全キャップのネック安全キャップやコンセントキャップと呼ばれる穴部分だけ覆うタイプのコンセントカバーは埃防止対策にも使われますが、サイズが小さくてすぐに外れてしまうのがネックです。赤ちゃんが誤飲しやすいので、もしどうしてもこのタイプのカバーを使う時は外れにくいものを選びましょう。

赤ちゃんの握力では外せなくても、ある程度成長すれば簡単に取り外してしまうので、1歳2歳を過ぎる頃には、もっと安全性の高いカバーに取り替える必要があります。
コンセントを丸ごとカバーするタイプが安全赤ちゃんの事故対策なら、コンセントを丸ごとカバーするタイプが安心です。2連、3連になっているカバーも狙い目で、いくつかのコンセントをまとめるケーブルボックスタイプも便利です。このタイプのカバーはコードも引き抜きにくいので、火事の予防にもなります。コードがごちゃごちゃになっていると足が引っかかりやすいので、ケーブルボックスタイプのカバーは転倒防止にも効果を発揮します。
選ぶ時に気をつけることコンセントカバーを選ぶ時は、赤ちゃんが誤飲しにくいもの、外しにくいものにしましょう。穴だけ塞ぐタイプのものでも、爪で持ち上げなくてはならないもの、丸みを帯びていて外しにくいものもあります。一番外しにくいフルカバータイプは、ロック機能がついているものもあります。

ただしネジで取りつけるタイプもあるので、壁に傷をつけたくない集合住宅にお住まいの方には不向きかも知れません。また、あまりにもかわいらしいデザインのカバーだと、逆に赤ちゃんの興味を引いていたずらされやすくなる可能性もあるので、透明や白などシンプルなタイプの方が安心と言う意見も。
事故から赤ちゃんを守る!おすすめコンセントカバー

すぐに購入できると評判のコンセントカバーをピックアップしました。
ダイソーなど100均の安全カバーも狙い目ダイソーやキャンドゥ、セリア、ローソンストア100、ワッツ・ミーツ、シルク、ザ・ハンドレッドストアーズ、ダイコクドラッグ被百円ショップ、カーサ・プラスワン……等など、最近の100均ショップは赤ちゃんの安全対策グッズを多く取り揃えるようになっています。

コンセントカバーも数種類置いているお店が多いので、チェックしてみて下さい。見た目で可愛らしいのはウサギなど動物の形をしたコンセントカバーですが、赤ちゃんでもすぐに取り外せてしまう可能性があります。コンセント自体がっちり覆う安全カバーの安全度の方が高いでしょう。
赤ちゃん本舗のコンセントカバーはバリエ豊富赤ちゃん本舗は穴を塞ぐだけのシンプルなものから本格的なフルカバーまで、数種類揃っているのが魅力です。

■マイファーストポケモン コンセントキャップ

http://akachan.omni7.jp/detail/317005200

■コンセントフルカバー2連安全グッズ

http://akachan.omni7.jp/detail/291003600

■コンセントフルカバー3連安全グッズ

http://akachan.omni7.jp/detail/291003700
おしゃれなケーブルボックスで本格的な安全対策をパソコン周りなどコードがごちゃごちゃしているところは、まとめて収納できるケーブルボックスの方が便利かも知れません。
まとめ

赤ちゃんの感電事故を防ぐためにコンセントカバーが必要……と言うお話をさせて貰いましたが、いかがでしたでしょうか。穴だけ塞ぐコンセントキャップは誤飲しやすいので、全体を覆うフルタイプの安全カバーの方がリスクを回避しやすくなります。

ダイソーなど100均ショップでも買うことができますが、透明ケースを使って手作りすることもできます。おしゃれなものはインテリアにもなるので、お部屋をすっきりさせるためにも効果的です。
※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合がございます。詳細はリンク先のサイトでご確認くださいませ。

マイナビウーマン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

赤ちゃんをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ