おのののか、ダレノガレ明美らがデザイン! 注目のピンクリボンネイル5選

11月15日(水)17時31分 マイナビウーマン

おのののか、ダレノガレ明美らがデザイン! 注目のピンクリボンネイル5選

写真を拡大

2017年11月12日〜13日の「ネイルエキスポ2017」内で、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療を促す“ピンクリボン運動”とコラボした「日本ネイリスト協会ピンクリボンネイルアートコレクション」が開催。著名人が“ピンクリボン”をテーマにデザインしたネイルが展示されました。今回はその中から、マイナビウーマン編集部が注目したデザイン5つをご紹介します。

おのののかデザイン「繋がり」

タレント・おのののかさんがデザインしたネイルのタイトルは「繋がり」。左の小指から右の小指までひとつの線が描かれており、「人と人との繋がりを大切にしたい」という想いを込めたそう。ところどころ、線がハートになっているのもポイント。

ダレノガレ明美デザイン「ゴージャス&セクシー」

ネイルクイーン2017殿堂入りを果たした、モデル・タレントのダレノガレ明美さん。ベージュとゴールドで高級感あるデザインを考えました。「がん検診に行って、このネイルのようにキラキラした日々を送ってほしい」というメッセージが込められています。

河北麻友子デザイン「SHINE BRIGHT LIKE A DIAMOND」

こちらの女性らしいネイルデザインは、モデル・河北麻友子さん考案。ひし形のダイヤモンドで、乳がんと戦っている強くて美しい女性を表現しています。全体的にピンクリボンカラーが散りばめられているところにも注目。

SAKURAデザイン「デジタルデトックス☆」

モデル・ビューティジャーナリストのSAKURAさんは、宇宙モチーフのネイルをデザイン。月の満ち欠けや星の輝きを感じ、自然と一体化することで、心身の健康が保たれるのだとか。シルバーを基調とした、独創的なデザインが際立っています。

杉本彩デザイン「Cute rouge」

セクシーさとキュートさを兼ね備えたフレンチネイルは、女優の杉本彩さん考案。多面的な魅力を持った女性をイメージし、「自分の魅力を発揮して人生を送るためには、心と体に真摯に向き合うことが大切」というメッセージを発信しています。

ピンクリボン15周年、ネイルとのコラボで“きっかけ作り”を。
「ピンクリボンネイルアートコレクション」は、ネイルエキスポ2017でも人気コーナーのひとつ。お気に入りのネイルデザインを撮影して、SNSに投稿する女性たちの姿もちらほら見られました。ピンクリボン活動は今年で15周年。「乳がん検診ってよくわからないし難しそう……」という人も、まずはネイルをきっかけに、自分の体を意識してみては?

(高橋千里/マイナビウーマン編集部)

マイナビウーマン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

デザインをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ