ロボットがコーヒーを提供 ネスカフェの「おもてなし無人カフェ」

11月15日(水)11時54分 OVO[オーヴォ]

 ロボットやAI(人工知能)が接客を行うのはそう珍しいことでもない時代になってきたが、無人のカフェはやっぱり珍しい。ネスレ日本(神戸市)、ソフトバンクロボティクス(東京)、川崎重工業(神戸市)は共同で、コーヒーマシンとロボットが客の顔を覚え、好みのコーヒーを提供する「ネスカフェ・Pepper・duAro おもてなし無人カフェ」を、期間限定で11月16日(木)にオープンする。無人カフェとして開店するのは「ネスカフェ 原宿」店内。無人カフェは、アプリと連動し、見守り機能としても活用できるなど、IoT(Internet of Things)で幅広いコーヒーの楽しみ方を提供するネスレのコーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty]」と人型ロボット「Pepper」、そして人と共存可能な双腕スカラロボット「duAro(デュアロ)」が“働く”カフェだ。

 客の呼び込みと客のコーヒーの好みに応じた注文受付はPepperが行い、duAroがコーヒーカップをバリスタ50[Fifty]に設置。バリスタ50は客が注文したコーヒーを入れ、そのコーヒーをduAroが提供するという流れだ。またPepperで「お友達登録」をすると、注文した人の顔と好みのコーヒーが記憶され、再注文の際に同じコーヒーを提供することが可能だという。

 ロボットとマシンが接客する無人の(?)カフェやレストラン。数年後には一般的になっているかも!?

「ネスカフェ・Pepper・duAro おもてなし無人カフェ」

東京都渋谷区神宮前1-22-8 ネスカフェ原宿店内

期間:2017年11月16日(木)〜26日(日)

営業時間:11:00〜21:00 L.O.20:30(16日のみ15:00オープン)

OVO[オーヴォ]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

カフェをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ