“悪魔の食べ物”と話題の「今川焼き チョコクリーム」を食べてみた / トーストでカリっとさせるとさらに魅惑的な味に!

11月15日(水)11時45分 Pouch[ポーチ]

冷凍食品で知られるニチレイフーズの人気商品の1つといえば、「今川焼」シリーズ。

定番の「あずき」に「カスタードクリーム」、さらには期間限定商品もいくつかあって種類豊富なわけなのですが……。その中に1つ、あまりの美味しさゆえにツイッター上で話題になっているものがあるんです。

それは、ベルギー産のチョコを使ったという「今川焼(チョコレートクリーム)」

“悪魔の食べ物” とまで呼ばれ称賛されているというその味を、さっそく自分の舌でたしかめてみることにしました。

【自然解凍でもOK】
こちらの今川焼は期間限定商品。5個入りで、1つあたりのカロリーは161kcalとのこと。レンジでふんわり温めてよし、トースターでカリっとさせてもよし。面倒な場合は自然解凍でも食べられてしまうそう。

【レンジでチンしてみた】
袋から取り出した今川焼は、ブラウンが美しいココア色。冷凍庫の中で冷え冷えだったものを、まずはレンジでチンしてみます。

表面は、カチカチからふわふわな状態に。

湯気をあげて出来上がってきた今川焼を、一口パクリ。すると中からトロ〜リとしたチョコクリームがあふれ出して、ほんのりビターな生地とよく合う〜!

チョコクリームは「ベルギー産チョコレートの中でもカカオ成分が72%以上のものを厳選して使用している」らしく、疲れた体に染み入る優しい甘さで、決して甘すぎることはありません。またクリームがぎっしり詰まっているわけではないため、しつこさもないし、胃もたれもしなさそうです。

それでいながら1個で十分な満足感があるので、小腹がすいたときのオヤツにはぴったり。赤ワインやウイスキーと合わせていただいても楽しめるんじゃないかと、酒呑みのわたしは思ってしまいました。

【正直な感想「フツーに美味しい」】
ただ、美味しいことに間違いはないのですが、 “悪魔の食べ物” とまでは思わなかったというのが本音です。

熱に浮かされたかのように「もう1個食べたい!」と願ったりするようなことはないけれど、「機会があればまた食べたい」とは思う。あくまで個人的な感想ですが……ずばり「可もなく不可もなくフツーに美味しい」、という感じでした。

【 “後追いでトースト” すると悪魔の食べ物に近づく!?】
しかし後日、「レンチンしてからトースターで焼く」といった方法も試してみたところ、コレは大正解! トーストすることで生地の表面はカリっとサクッと、中はふわっとしていて、あつあつトロトロのチョコクリームとのマリアージュが最高でした。

この焼き方についてはパッケージにも記載されているのですが、たとえ面倒でもレンチンだけで終わらせるのではなく、 “後追いでトースト” したほうがより美味しくなります。

これで “悪魔の食べ物” に1歩近づくことはたしかです。購入した際にはぜひとも、お試しあれ〜♡

参照元:ニチレイフーズ
撮影・執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る

Pouch[ポーチ]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

チョコをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ