自宅の防災対策は不十分だと思う保護者は約6割…明光義塾調べ

11月15日(金)9時15分 リセマム

家庭での防災対策

写真を拡大

明光ネットワークジャパンは、全国の小学4年生から中学3年生の保護者760名(小学4〜6年生の保護者380名、中学生の保護者380名)を対象に、子どもがいる家庭の防災に関する意識調査を行った。

 現在の家庭での防災対策について不十分だと感じると答えたのは16.2%、どちらかというと不十分だと感じると答えたのは41.8%と保護者の約6割が自宅での防災対策が不十分と感じていることがわかった。

 備蓄品を用意していない家庭は46.9%で、用意していても1〜3日程度というように、特に備蓄品や防災グッズ、非常用持ち出しバッグの用意・管理が不十分だと感じているという。

 また、子どもと防災について話し合っていると回答したのは59.2%、自宅周辺のハザードマップを確認していると回答したのは62.9%と多いものの、4割以上の家庭が非常時の避難場所を家庭で共有していないなど、より具体的な話し合いが必要な結果となった。

◆調査概要
調査期間:2019年10月28日〜10月31日
調査対象:小学生4〜6年生の子どもをもつ保護者380名、中学生の子どもをもつ保護者380名
調査方法:インターネットリサーチ

リセマム

「保護者」をもっと詳しく

「保護者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ