北陸新幹線11/30以降の暫定ダイヤ発表 年末年始の運転本数は前年比9割

11月15日(金)15時18分 鉄道チャンネル

JR東日本とJR西日本は11月15日、北陸新幹線の11月末以降の暫定ダイヤを発表しました。

11月30日(土)より東京〜金沢間の直通列車は台風19号被災前と同じ本数に戻ります。これに併せて東京〜長野間の「あさま」運転本数を上り12本→15本、下り11本→15本に増やし、12月27日(金)以降は「あさま」を上り下りともに更に1本増やします。

暫定ダイヤの本数比較 画像:JR東日本

11月30日(土)〜12月26日(木)までの暫定ダイヤでは一部の「あさま」が運休のため、上越新幹線の一部の「とき」が本庄早稲田駅に、北陸新幹線の一部の「あさま」が安中榛名駅に臨時停車します。また、臨時の「たにがわ」については11月30日(土)ならびに12月27日(金)からの暫定ダイヤにおいても運転します。

指定席は2019年11月16日(土)11時から発売。運転日が1ヵ月より先の場合は通常通り乗車日の1ヵ月前の10時からの発売です。詳細な時刻表はJR東日本、JR西日本のホームページにて確認できますが、列車名に◆印のついた列車は1月6日以降の運行計画が未定となっており、指定席も1月5日乗車分までの発売となります。

年末年始臨時列車の本数とダイヤも発表

暫定ダイヤの発表にあわせ、2019年11月30日(土)〜2020年1月5日(日)に運転する北陸新幹線・上越新幹線の臨時列車のダイヤも発表されました。

期間中に運転する臨時列車は北陸新幹線186本、上越新幹線232本です。北陸新幹線の年末年始期間中(2019年12月27日〜2020年1月5日)の定期列車と臨時列車をあわせた運転本数は986本となり、これは前年の9割に相当します。(※2018年12月28日〜2019年1月6日との比較)

北陸新幹線運転本数前年比 画像:JR東日本

運転本数が減る関係上、年末年始のラッシュは大変な混雑が予想されます。

混雑緩和のため、混雑のピークをずらしての乗車、上越新幹線の利用、かがやき号が満席となった際の立席特急券の利用等を推奨しています。帰省や上京のタイミングをずらす場合は「お先にトクだ値」や「WEB早得14」などを活用するとお得です。

鉄道チャンネル編集部

鉄道チャンネル

「新幹線」をもっと詳しく

「新幹線」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ