【永久保存版・詳説】地球人は5次元生命体「アクトゥリアン」たちに“生かされていた”! 銀河系の守護者、慈愛溢れる“神エイリアン”の生態とは!?

11月15日(水)13時0分 tocana

イメージ画像:「Thinkstock」より

写真を拡大

 あなたは「アクトゥリアン」をご存じだろうか? アクトゥリアンとは、アメリカ最高の予言者とされるエドガー・ケイシーが、かつてテレパシー交信したことで初めて世に存在を知られることとなった宇宙人の名称である。

 実は、私たち地球人はアクトゥリアンとは決して無関係ではない。いや、それどころか、非常に密接につながっているのだ。今回は、慈愛溢れるアクトゥリアンの生態とともに、私たち地球人との関係性についても紹介していきたいと思う。

【その他の画像と動画はコチラ→http://tocana.jp/2017/11/post_15078.html】


■宇宙最高の精神と文明を誇るアクトゥリアン

 アクトゥリアンとは、天の川銀河を統べる存在である。当然、私たちが暮らす地球もその中に含まれている。地球から33光年ほど離れた星アークトゥルスに住まう彼らは5次元世界の生命体であり、テクノロジー面とスピリチュアル面の両方において他のどの種族よりも進化を遂げた存在だ。

 彼らは否定的な感情を持たず、慈愛こそを哲学の中心とし、常に銀河を癒す働きを担っている。身長は3〜4フィート(約90〜120cm)で、青緑色の肌を持ち、幅広い楕円形の眼をたずさえ、手足にはそれぞれ3本の指がある。

 しかし、スピリチュアル面が非常に発達しているため、肉体という物質的な制約に縛られず、エーテル体(オーラのようなもの)になって自由に時空間・次元間を移動することができる。また彼らの進歩したテクノロジーは今日の私たちが想像できる全てを超越しているという。


■地球はアクトゥリアンに守られている?

 私たち地球人はアクトゥリアンの加護の下に暮らしている。実際、地球に対して悪意や害意を持ったエイリアンは少なくない。例えば、ヒト型爬虫類のレプティリアンや、グレイ型宇宙人がそれである。

 アクトゥリアンは宇宙で最も先進的な宇宙船で銀河をパトロールし、悪意に満ちたエイリアンたちがその実力を行使できないよう睨みをきかせているという。私たち地球人が今日も存続していられるのは、アクトゥリアンの監視があってこそなのだ。

 アクトゥリアンは私たちが思っている以上に身近な存在だ。というのも、彼らはこの地球上にもすでに基地を建設しているのだ。それは人里離れた山岳地帯に多いという。

 また、月面にも彼らのベースがあり、常に私たちを見守っている。時として地球がエネルギーを失ってしまった場合は、そのエネルギーを復活させるという重大任務も含まれるという。

 アクトゥリアンにとって未熟で発展途上の生命体をより高次元の精神世界へと導くことが責務であると彼らは考えており、彼らは地球を悪意あるエイリアンから防衛することで、私たち人類が幾多のスピリチュアル的円熟を遂げ、4次元世界へと移動することを期待しているという。つまり、ある意味、アクトゥリアンは将来の私たちであるともいうことができるのだ。

 このようにして継続的にアクトゥリアンの加護と支援の下、日々の生活を営むのが私たち地球人である。いつの日かその愛と期待に応えることができるだろうか。

 暴力、差別、貧困、等々。まだまだ乗り越えなければならない問題は山積している。しかし、少なくとも、アクトゥリアンから見て地球人には高みを目指せる可能性があるのだと思われる。私たちには、全ての問題を乗り越えて、自身をより高次元の精神的存在に昇華するポテンシャルがあるのだ。アクトゥリアンの今後のご支援とご鞭撻に期待しつつも、私たち自身の固い意志と行動力でそれを成し遂げてやりたいものである。
(文=池上徹)


※イメージ画像:「Thinkstock」より

tocana

この記事が気に入ったらいいね!しよう

地球をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ