性格の表裏がある血液型ランキング

11月16日(土)21時30分 yummy!

あなたは自分の性格に裏表があると思いますか?
できることなら、裏表のない人と付き合いたいですが——。その人の人となりが把握できれば、裏表があっても付き合い方のコツは見えてきそうです。
今回は、性格の裏面がある血液型をランキング形式でピックアップしてみました。好きな人の中身を把握するヒントにしてみてください。

第4位:AB型


血液型のなかでも、とっつきづらい印象を持つ人も多いのでは。AB型はA型とB型が合わさっていることにより、二重人格といわれることが多いです。しかし、実際はAB型特有の性格も持っているのです。
たとえば、AB型は何かに夢中になっていると、意外と素っ気なく自分勝手な態度すら漂わせます。ただし、リラックスした状態は、いたって普段通り穏やかで物腰も穏やかなのです。こうしたギャップに裏表を感じる人もいるかもしれませんが、これがAB型の自然体であり、特徴なのです。
普段は数ある血液型のなかでもひと際冷静で、たとえ自分の意見でさえも間違っていることは、コロリと変えてしまうAB型。
シャイで人付き合いもほどほどがいいAB型——。周囲と自分を客観視できるAB型は、裏表がありそうで、実は最も裏表のないタイプなのです。

第3位:B型


B型は男らしく、エネルギッシュな血液型です。それゆえに、自分勝手なイメージが強い人も多いでしょうか。B型はひとつのことにのめり込むと、その一点だけに集中するタイプです。その行動は血液型随一であり、かと思いきや冷めるのも早いです。
また、人に合わせるのが苦手で、好き嫌いがハッキリとしているB型。好きな人にはあからさまに好きな態度を取り、嫌いな人には愛想笑いすらしません。そうした血液型なので、裏表がないといえばウソになるでしょう。
しかし、それが彼らの特徴でもあります。彼らの人となりがわかれば、それが裏表だと感じることも少ないでしょう。極めてわかりやすく、また扱いやすい血液型でもあります。
男性らしく、男勝りなB型は、それでも裏表が少ないタイプと言えるのでは。

第2位:A型


A型は我慢の血液型です。情と調和を大事にするA型は、周りの空気を人一倍に読み、周りのためなら、自分が我慢すれば……と考えるタイプです。なにより、自己主張が苦手なタイプなので、つい自分の意見をしまい込んでしまいがちです。
かといって、ひとよりも我慢強いだけで、我慢することが苦でないわけではありません。また、自分自身の意見がないわけでもないのです。そうした協調性に富みながらも、消極的で心配性のA型の内心は、実は意外なところにあるかもしれません。
本音を数少ない信頼できる人しか話さないことから、自分の本音に意外性を感じることもあるでしょう。そういった意味から、裏表がある人も。彼らの支えになってあげることで、彼らの本音を理解してあげられ、彼らの裏表が解消されることは多いでしょう。

第1位:O型


O型は聞き上手で穏やかで、落ち着いた血液型です。そのことから、一見いい印象を抱く人も多いでしょう。しかし、性格は血液型随一で意外と頑固といわれています。周りに自分の意見を押し付けるまでのことはしません。
ただし、自分のなかでこれといった考えを持っている可能性は高いです。O型は自分の本音を見せることをしません。A型と違って、優柔不断な態度を見せないことから、本音が見えづらいのです。また聞き上手であることから、周りと同じ意見だという印象を抱く人も多いでしょう。
あくまでも、それがO型の特徴なのです。怒るときも周りの状況を察して、冷静に怒れるO型。自分の意見を言って、周りを驚かすことも多いでしょう。そのため、裏表がある人だという、印象を持ってしまう人は多いかもしれません。

おわりに


意外性という観点から、裏表のある血液型をランキングしてみました。こうしてみると、裏表のない人間はいないかもしれません。好きな人ができたら、その人の人となりを把握する、手立てのひとつにしてみてください。
(柚木深つばさ/ライター)
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)

yummy!

「性格」をもっと詳しく

「性格」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ