葉っぱはNG、うちわはOK... 郵便物として配達できる意外なモノとは

11月17日(日)21時0分 Jタウンネット

葉っぱは「葉書」の代わりになるのか

写真を拡大

[となりのテレ金ちゃん−テレビ金沢]2019年11月5日放送の「仰天コロンブス」のコーナーでは、新金沢郵便局から中継をしていました。


11月1日から年賀はがきの販売が始まり、買い求めるお客さんたちもちらほらいます。今年は、東京五輪にちなんでオリンピックのマークが印字された年賀はがきも話題を呼んでいるそうです。


さて、郵便局にはいろんな郵便物が届きますが、その中の「はがき」。葉書と書きますよね。では葉っぱをはがきとして送ってもよいのでしょうか?



仕分け作業で破れる可能性が


今月から販売開始になった年賀はがき。


新金沢郵便局の敷地には、別名「ゆうびんの木」「はがきの木」と言われるタラヨウの木が植えられています。


この木の葉っぱは、頑丈で側面がギザギザしているのですが、爪楊枝で削ると黒い文字が浮き出てきて字が書けるのです。


他の木ではなかなかこのように文字は書けませんので、タラヨウがゆうびんの木ともいわれる所以なのでしょう。


では、この葉に切手を貼ってはがきとして送れるのかというと、答えはNOです。


大きさに基準があって9×14センチより大きくないと郵便物として取り扱われません。さらに、機械の仕分け作業で破れる可能性があります。


葉っぱを送りたいときは、厚紙に貼ったり封筒に入れたりした方がよいのだそうです。


サイズと強度の基準を満たせば、郵便物としておくられるので、実際にうちわや段ボールなどは、郵便で配達可能なのです。


(ライター:りえ160)

Jタウンネット

「郵便」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「郵便」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ