あなたに恋人ができない5つの理由

11月18日(日)22時5分 All About

恋人ができない5つの理由と、その解決法をお伝えしたいと思います。

写真を拡大

【理由1】自分に正直になれない!

あなたは周囲の人に「恋人が欲しい!」と素直に打ち明けていますか? 

実は恋人が欲しい人ほど、声を大にしてその気持ちを周囲に打ち明けて欲しいのです。あなたが恋人を求めていることを周りの人が知れば、協力体制ができ上がります。たとえば身近に恋人を求めている異性がいれば、「あなたを紹介してみよう!」と真っ先に思い出す存在になるのです。 「恋人募集中!」とあなたが公言すれば、出会いは着実に増えます。人間誰しも少なからず孤独を抱え生きているものです。ましてやフリーであれば、恋人を求める気持ちがあるのは当たり前。そんな本音を口にすることは、決して恥ずかしいことではありません。

【解決法】 「恋人がほしい!」と周囲に伝えましょう。周りが支援してくれます!

【理由2】自己分析不足

基本的に恋愛は自分と同じステージの人とするもの。ですから、自身が置かれるステージを勘違いしてしまうと恋人探しに苦戦します。

恋人を選ぶ際、条件の良い異性を探したくなりますが、恋愛観や価値観、金銭感覚など、できるだけ共有できる物事が多い相手ほど、一般的に相性が良いとガイドは思っています。ですから、自分を客観視して現在どのステージに位置するのかを知らなければ、相手を選び間違えてしまうのです。 結婚を視野に入れるからこそ恋人選びは慎重になりますが、高望みしたところでお互いが人間的に愛し合えるかはまた別の話。自己分析をして同じステージの中から異性を探せば恋人はできます。

【解決法】 自分が置かれるステージを知り、その中から恋人を探すことが大切です。

【理由3】旬を逃してしまったから

女性は、たとえば20代の頃、引く手あまただったとしても、その若さと美貌が30代後半になっても維持されることはそうありません。ただ、そういう人は30歳を過ぎてきてもデートの誘いはあり、適度に遊ぶ異性はいるはずですから、「きっといつかは運命の人に出会えるだろう」と思ってしまうのです。

けれど、その時点では既に目が肥えているため、結婚相手と呼べる異性にはなかなか出会えないという現実に突き当たります。そして35歳くらいになって初めて焦りだし、周囲にも「結婚したい」と漏らし始めますが、残念ながらその時には見た目の価値が以前に比べグンと下がっているのです。

そう、適度にモテて恋愛が充実していた人ほど、経験値が高まり目が肥えることで相手を選び過ぎてしまう傾向があります。ただ、残酷にも時は過ぎていますから、加齢は止められないのです。どんなに中身が良くても、第一印象で8割は決まります。もし、同じ人間が目の前に2人いたとすれば、35歳のあなたではなく25歳のあなたを選ぶ異性の方が圧倒的に多いはず。現実とはそういうものなのです。

ですから、自分のピーク時を知り、恋愛なり結婚するのが一番望ましいでしょう。たとえば20代ではまだ結婚をしたくないと思うなら、ピーク時にいい人を見つけて恋をし、30代に入りその人と結婚すればいいのです。年齢を重ねた良さや魅力はもちろんありますが、熟れすぎた果物は味が落ちてしまうのと同じで、旬がいいのは人間も同じ。自分が一番輝いている時期を逃さないことが大切です。

【解決法】 旬を逃さない! たとえ逃したとしても、少しでも年齢が若いうちに結婚相手を探しておくこと!

【理由4】 言い訳がうまい

「仕事が忙しい」「出会いの場がない」など、恋愛ができない言い訳が年を追うごとにうまくなっている気がします。けれど本当は、自分がモテないことを仕事のせいにしているだけ。人によっては恋人がほしいのに素直になれず、「べつに恋愛しなくても毎日楽しいし」と、プライドを捨てきれないケースも見受けられます。

確かに年齢的にも、仕事が忙しく出会いの場が減っていくのは事実です。けれど忙しくても時間を作り、出会いの場に足を運ぶことは自分の努力次第でどうにでもできること。それを面倒くさがって言い訳ばかりしていると、恋は遠ざかります。恋人ができない理由を考えたときに、その理由が言い訳でないか、自問自答してみてください。

【解決法】 言い訳をしない。プライドを捨てて素直になる!

【理由5】コミュニケーション下手

自分に自信が持てない。面白いことが言えない。つまらないと思われたくない……など、人との関わりが苦手だと思う理由は人それぞれです。それに、一見すると対人スキルの高い人でも、本人はコミュニケーション下手で相手と意思の疎通が図れないと感じている場合もあります。

コミュニケーション能力を向上させるには、練習しかありません。回数をこなし、慣れるしかないのです。自信がない人ほど内向的になりがちですが、コミュニケーション下手を克服するには正面突破しかありません。傷つくことを恐れずに、当たって砕けろの精神で立ち向かうことが大切です。

最初からうまくいく人などいないように、失敗から得たり、コミュニケーション上手な人を真似ながら、自分なりのコミュニケーション法を会得するのが対人スキルの向上には欠かせません。人と接する中で会話のリズムや相手との距離間、話法やアピール法を学び得るしかないのです。自分磨きと同じで、コミュニケーション能力を高めるには努力が必要でしょう。

【解決法】 練習あるのみ。人と接することを恐れずに、当たって砕けろの精神で回数を重ねましょう!


いかがでしたでしょうか。恋人ができない理由、あなたはいくつ当てはまりましたか? 恋人ができない理由さえわかれば、後は改善を試みるだけ! 自分に素直に生きている人が、幸福になれるのです。(文:大木 隆太郎)

All About

「恋人」をもっと詳しく

「恋人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ