俳優・滝口幸広さんが急性心臓死、寒暖差・急激な温度変化が危ない

11月19日(火)6時0分 アサ芸Biz

滝口幸広

写真を拡大

 ミュージカル「テニスの王子様」やドラマ「WATER BOYS2」などに出演した滝口幸広さんが11月13日未明、突発性虚血心不全で死去した。享年34歳という若さでの訃報に、ネット上には「役者としてもこれからだったでしょうに‥‥。本当に残念です」「滝口さんの笑顔は見てる人を笑顔にしてくれてるもので、それがもう舞台やテレビで見られないと思うと本当悲しいです」など追悼コメントが多数寄せられた。

 また、ファンの中には同世代の人も多く「同い年なのでショックです」といった内容のコメントも目についた。

 医療ジャーナリストは「若い方も気を付けるべき疾患」と話す。

「突然死の中で最も多いのが、急性心臓死です。虚血性心疾患とは、心臓の冠動脈が狭くなったり、閉塞したりして心筋に血液が行かなくなることで起こる疾患です。例えば、寒い時期に入浴中の死亡事故が多発しているのは、耳にしたことがあると思います。寒い脱衣所で服を脱いでから、温かい湯船に入り一気に体温を上昇させることで、血圧が乱高下し、心臓や血管の疾患が起こるのです。今の季節のように1日の寒暖差や室内の温度差が激しい時期は、注意が必要です」

 急激な温度変化を侮ることなかれ。

アサ芸Biz

「急性心臓死」をもっと詳しく

「急性心臓死」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ