2次元オラオラ系が好きな女子が嵌る「ヤバイ男の注意点」3つ

11月19日(日)22時0分 Menjoy![メンジョイ]

2次元キャラって、自分の言って欲しいことを言ってくれるからドキドキしちゃいますよね。でもそれを現実に求めると、話は変わってきてしまうよう。特に2次元でオラオラ系のキャラが好きな女性が、実際にオラオラ系の男子と付き合うと、ヤバイ現実にガクブルしちゃうなんてことも……。一体どうしてそうなるんでしょうか?

1:実際のオラオラはただイライラする

「2次元ってやっぱり作られた世界だから、いくらオラオラしていても優しさがしっかりあったりとか、実は繊細な心の持ち主って設定なんですよね。でも実際に付き合ってみたら、ただただ自分のやりたいように引っ張りまわされて、イライラするばかりでした」(Yさん/28歳)


−−具体的にはどんな?


「うーん、“俺カッコ良いだろ”って言うのを強調するのがまずムカつくでしょ? あと、“今日は俺〇〇食べたい気分だから(当然)付き合ってくれるよな?”って態度がムカつくでしょ? それから、“お前は俺の言うこと聞いてれば良いんだ”って実際に言われたら、超上から目線で嫌なやつでムカつきましたね」


この後も、オラオラだった彼氏の愚痴をたくさん聞かせてもらいました(笑)。


 


2:自分だけ浮気しても許される!?

「最初はすごくリードしてくれるし、“やっぱりオラオラ系合ってるな”って思ったんですけど、1個だけ絶対に理解できないことがあって。それが彼だけは浮気しても許されるっていう謎のルールで……」(Eさん/28歳)


−−え? なんでそうなるんですか?


「それが意味不明なんですよ。彼的には“浮気は男の甲斐性で、女は軽い浮気ぐらいでグチグチ言うんじゃねー”って理論なんですけど、そんなの通るわけないですよね?」


オラオラ系の男性を調子に乗らせると、自分が天下を取ったみたいな気分になって、なんでも許されると思ってしまうのでしょうか?



 


3:壁ドンされたけど……

「普段はそこまでオラオラじゃないんですけど、たまにちょっと強引で。そんな彼が大好きだったんです。でもある日、彼の部屋で彼がエッチしたくなったときに、ちょっと気分じゃないって断ろうとしたら壁ドンされて。


キュンってするかと思ってたんですけど、アレって実際にされると恐怖しか感じなかったです」(Uさん/30歳)


−−壁ドンってダメでした?


「うーん、理想的な壁ドンではあったんですけど、顔の横にいきなり手が飛んでくるって、ちょっと殴られそうで怖いですよ(笑)。あぁ、スピードが速すぎたのかな? なんか頬に空気を感じた瞬間にすごい体が緊張しちゃって。あれだと違う意味でドキドキしちゃいますね。脅迫されてるみたいで(笑)」


壁ドンも優しさが入っていないと、怖いことになってしまうんですね。


 


オラオラ系男子は、2次元で見ている分には不器用な部分などが織り込まれていて女性の理想にもなりますが、実際はそんなに上手くできているわけではないようです。


やはり2次元と3次元は分けて考えた方が、失敗しにくいのかもしれないですね。


 

Menjoy![メンジョイ]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

女子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ