別れを告げられたときが勝負!男を上げる「余裕の一言」9パターン

11月19日(火)7時0分 スゴレン

別れを告げられたときが勝負!男を上げる「余裕の一言」9パターン

写真を拡大

彼女に振られたくらいで、慌てふためいたり逆ギレしたりしたら、男がすたるというもの。多少強がってでも男っぷりのよさを発揮すれば、「いいお付き合いだった」と気持ちよくお別れできるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「別れを告げられたときが勝負!男を上げる『余裕の一言』」をご紹介します。

【1】「今まで本当にどうもありがとう」と感謝を述べる

「お礼を言われた瞬間、いろんな思い出が頭に浮かんでグッときた」(20代女性)というように、改まった口調で感謝を伝えて、大好きだった彼女との交際を締めくくる方法です。最後の機会なので、照れずにきちんと言葉にして伝えましょう。


【2】「寂しい思いばかりさせてごめんね」と自分の至らなさを謝罪する

「私の気持ち、ちゃんと分かってもらえてたんだ…と泣きそうになった」(20代女性)というように、彼女に対して負い目があるなら、今こそ謝るべきときかもしれません。別れの原因は別にあるとしても、過去をしっかり清算したほうがお互いスッキリしそうです。


【3】「振られるのは慣れてるから俺なら大丈夫!」と心配顔の彼女を気遣う

「強がってるのはバレバレだったけど、おかげで笑ってサヨナラできた」(10代女性)というように、彼女が悲しげな表情をしていたら、思いやりのある一言で笑顔を引き出したいところです。本音はともかく、恨み言を聞かせて男を下げるのだけはやめておきましょう。


【4】「自分が成長できたのは君のお陰だと思う」と相手の人間力を讃える

「本気で向き合ってよかったなって…」(20代女性)というように、別れの経緯が何であれ、真剣に付き合ってきたのなら、最後に相手の顔を立てるのも悪くないでしょう。破局によって彼女もダメージを受けているはずなので、この一言が大きな救いとなるかもしれません。


【5】「アイツと君ならお似合いだよ」と彼女の心変わりを笑って許す

「もっと怒ってもいいのに…。私にはもったいない人だった」(10代女性)というように、彼女を奪ったライバルに白旗をあげて、懐の深さを感じさせる方法です。誰かを責めても事態が変わらないなら、潔く身を引いたほうがクールでしょう。


【6】「誰のせいでもないんじゃないかな」とあえて原因をあやふやにする

「私に罪悪感を抱かせないためだと思う。大人ですよね」(20代女性)というように、「余裕」を見せつけたいなら、別れの理由にこだわらないのもひとつの手です。とはいえ、無抵抗に離別を受け入れて「もともと愛がなかったのでは?」と誤解されないよう、残念な素振りは見せましょう。


【7】「疲れたからお茶でもして帰ろっか!」と呑気なことを言って場を和ませる

「よくこうやって元気づけてくれてたなあ…とほっこりした」(10代女性)というように、シリアスな別れの場面では、普段通りの明るさがかえって相手の心に響きそうです。話の途中でおちゃらけても睨まれるだけなので、タイミングを見計らいましょう。


【8】「いつか夢が実現するように祈ってるよ」と彼女の将来を応援する

「よき理解者だった彼氏にそう言ってもらえて、心から励まされた」(20代女性)というように、彼女をそばで見てきた自分だからこそ、真摯に伝えられる言葉もあります。このときの励ましを、別れたあとも折に触れて思い出してもらえるかもしれません。


【9】「君なら幸せになれる。俺が保証します」と相手を前向きに送り出す

「彼氏の深い愛を感じた。いい人とお付き合いできて本当によかった」(20代女性)というように、相手の幸せを願えば、好印象を残せるだけでなく、彼女に対して最後の愛情表現もできそうです。想いを伝え切るつもりで、優しく彼女を手放しましょう。


哀れな自分を彼女の記憶に刻んでしまわないよう、交際全体を締めくくるのにふさわしい、愛情深い一言を投げ掛けましょう。(安藤美穂)

スゴレン

「逆ギレ」をもっと詳しく

「逆ギレ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ