「愛犬の仇討ち」で殺人を犯した死刑囚・小泉毅に聞いた! 犬の大量遺棄問題の対処法

11月19日(水)14時0分 tocana

画像は、小泉死刑囚が拘禁されている東京拘置所

写真を拡大

 先月末、栃木・鬼怒川の河川敷で大量の犬の死骸が見つかったのを皮切りに、犬の不法投棄が疑われる事例が全国各地で次々に発覚している。この痛ましいニュースが話題になる中、筆者は以前取材した1人の死刑囚のことを思い出していた。この事件について、小泉毅(52)なら、なんと言うだろうか...、と。

【獄中で書かれた論文などの画像はコチラ→http://tocana.jp/2014/11/post_5216.html】


■愛犬チロの仇討ち 3人を殺傷した男

 2008年11月、小泉は埼玉と東京で元厚生事務次官宅を相次いで襲撃し、計3人を刃物で殺傷した。事件後ほどなく自首すると、「子どもの頃、保健所で誤って殺処分にされた愛犬チロの仇討ちをした」と意外すぎる犯行動機を告白。裁判でも「私が殺したのは人間ではなく、マモノだ」という前代未聞の論理で無罪を主張するなど、事件後の言動でも世間を驚かせた。

 そんな特異な殺人者の実像を知りたく思い、筆者が東京拘置所を訪ね、初めて小泉に面会したのは昨年3月のことだった。小泉は当時、最高裁に上告中だったが、それ以来、今年6月に小泉が上告を棄却されて死刑確定するまで1年余り、面会や手紙のやりとりを重ねた。こうして知った小泉の実像は報道のイメージと随分異なっていた。

 初めて面会した時、小泉は「弁護人に新聞や雑誌を差し入れてもらい、自分に関する記事は目を通していましたが、デタラメばかりでした」と言った。そして具体的に1つ1つ報道の間違いを指摘した。

「たとえば、自分について、喫煙マナーが悪く周囲の人とトラブルになっていたような報道がありましたが、自分はそもそもタバコを吸いません。自分が自首した時、住民票を持参していたと書いた新聞もありましたが、なぜ自首するのに住民票が必要なのでしょうか? よくもこんな大嘘を書くものだと驚きました」

 筆者は実際に本人に会うまで、小泉のことを威圧的なオーラをまとったキレやすい人物ではないかと思っていた。マスコミ報道で見た不敵な面構えの印象が強烈だったのに加え、公判中に感情を高ぶらせることもあったように報じられていたためだ。だが、実際の小泉は思ったより小柄で、とても穏やかな雰囲気の人物だった。

「自分がマモノを殺したのは、あくまでチロちゃんの仇討ちのためです。しかし、日本では他にも何の罪もない犬や猫が毎日大量に保健所で虐殺されています。自分はそんな犬や猫たちの代弁者となってこの国の"ペット虐殺行政"を批判するため、死刑になることを承知のうえで自首し、裁判で無罪を主張したのです」

 小泉の逮捕当初、「本当に犬の仇討ちなどという動機で、こんな大事件を起こしたのか?」といぶかる向きもあったが、そう語る小泉はどう見ても真顔だった。

 実際、全国の自治体で1年に16万匹(2012年度)の犬猫が殺処分になっているペット問題の現状にも詳しかったし、試しに筆者が飼っている柴犬の写真を見せた際も、「犬のリラックスしている姿には癒やされますね」と、心底うれしそうな笑顔だった。小泉のような特異な人物の言動を深読みしたくなるタイプの人には申し訳ないが、事件に関する小泉の供述は間違いなく、すべて本心から発せられたものだった。


■知的レベルは高かった

 小泉は面会中、どんな質問をしても、こちらの意図を正確に理解し、理路整然とした答えを返してきた。国立の佐賀大学の理工学部に進学し、中退した経歴はマスコミでも注目されたが、獄中でも「時空」やら「超ひも理論」やら理科系の難しそうな勉強を色々やっていた。今年になって、「特殊相対論」に修正の必要があるという内容の論文を書き上げたというので、見せてもらったが、筆者の能力では理解不能な専門的な用語や関係式、図で埋め尽くされた本格的な内容に感心させられた。小泉は善悪の基準こそ常人と異なるが、知的レベルは間違いなく高かった。

 そんな小泉のことも死刑確定後、面会や手紙のやりとりができなくなって数カ月経ち、筆者は正直、記憶が薄まっていた。今回話題になった犬の大量遺棄問題をうけ、久しぶりに小泉の話を聞いてみたく思ったのは、小泉が"ペット虐殺行政"を改善するため、色々私案を示していたからだ。

「国が今、犬や猫を虐殺するために使っている金は、犬や猫を生かすために使うべきです」
「ペット販売を厳しく規制し、動物虐待に関する刑罰ももっと重くしないといけません」
「動物を保護するための警察機関のようなものも必要だと思います」

 全国で続々発覚している犬の大量遺棄については、栃木・鬼怒川の事件で18日、元ペットショップ店員の男が廃棄物処理法違反などの容疑で逮捕されたが、全国の他の事例でも悪質な業者の犯行が疑われている。昨年9月に施行された改正動物愛護法により、業者が不要な犬を処分目的で自治体に持ち込みづらくなったためだ。そんな中、小泉が死刑確定前に示していた"ペット虐殺行政"の改善案は、業者の悪質行為への対処策として有効に思え、改めて感心させられた。


■実は存在した、小泉の支持者たち

 実はそんな小泉に共感する動物愛護家たちも少なからず存在する。マスコミは黙殺しているが、今年6月にあった最高裁の判決の前には支持者らによって減刑を求める署名活動が行われ、1,500筆をゆうに超す署名が集まっていたほどだ。最高裁の判決公判には、小泉の支持者たちも傍聴に来ていたが、死刑確定を決定づける上告棄却という結果に本気で憤り、残念がっていた。

「小泉さんは本当に素晴らしい人です。もしも国を変えることができたとすれば、小泉さんは革命者だと思います」

 ある女性支持者は涙ながらにそう力説していたが、支持者たちの間では、死刑覚悟で犯行を敢行した小泉を崇拝するような雰囲気すらあった。もちろん、小泉の殺人行為を肯定するわけにはいかないが、この国はそろそろ、動物を飼うための資格審査制度を設けるくらいの抜本的な改革をすべきではないか。そうしなければ、第2、第3の小泉が出現しても不思議はないように思える。
(取材・文・写真=片岡健)

tocana

「遺棄」をもっと詳しく

「遺棄」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ