エスカレーター乗ったらキャリーケースは前?後ろ? 羽田空港が推奨するのは

11月20日(水)19時30分 J-CASTニュース

キャリーケース、エスカレーターでどこに乗せる?

写真を拡大

重い荷物も楽に運べるキャリーケース。駅や空港などでエスカレーターに乗せる時、自分の立ち位置から見てどこに置くのが「正しい」のか。

記者は2019年11月17日、出張で訪れた地域の駅の上りエスカレーターで自分の前の段にキャリーケースを置いたところ、その前に乗っていた男性から「なんでキャリーケースを自分の前に乗せてんだよ!」と怒鳴られた。男性は自分の後ろの段にキャリーケースを乗せていたため、記者がエスカレーターに乗った弾みで荷物同士がぶつかりそうになったことにいら立ったようだ。



「バッグを先に乗せる、降ろす」という意見もあれば...


記者は万が一転がった場合に、自分に当たって転落を止められるからという考えで、上りエスカレーターでは前に、下りエスカレーターでは後ろにキャリーケースを乗せている。今回の一件で使用上のマナーが改めて気になり、調べることにした。



老舗旅行鞄専門メーカーのサンコー鞄(愛知県長久手市)のウェブサイトには「エスカレーターに乗るとき、降りるときは、バッグを先に乗せる、降ろすような感覚で扱うと、後ろの人に迷惑がかからない」と説明がある。理由はこうだ。



「自分が乗ってからバッグを乗せると、あなたの次にステップ(段)に乗ろうとしていた人は予想外に出現したあなたのバッグにつまずいてしまいます。自信がない、どうしてもできないという人は、エレベーターを使いましょう」


また、上りエスカレーターと下りエスカレーターとで、乗せる位置を変えることが望ましいとする企業・団体もある。旅行用品などの製造・販売を行うティーアンドエス(埼玉県越谷市)は「エスカレーターに乗る場合は、上りは自分の前に、下りは自分の後ろにスーツケースを乗せ、万が一に備え、落下しないように手を離さないようにしましょう」とウェブサイトで推奨。羽田空港も2017年に公表した「エスカレーターのご利用に関するお願い」の中で、中型のスーツケース利用者向けにこう呼びかけている。



「上りエスカレーターではご自身の前のステップに、下りエスカレーターではご自身の横または後方にお手荷物を置いてください。また、絶対にお手荷物から手を放さないよう、お願い致します」


大多数が「いつも前に乗せる」


J-CASTトレンドは20〜50代の男女50人を対象に、「キャリーケースをエスカレーターに乗せる時、自分から見てどこに置くか」を尋ねた。回答数と主な理由は以下の通りだ。



・いつも前に乗せる(31人)

「視界に常に入っていないと転落リスクがあって怖いから」

「後ろに置いていると知らないうちに迷惑をかけたり、盗まれたりするかもしれないから」


・いつも後ろに乗せる(7人)

「歩いている流れでそのまま乗せるから」

「乗る直前でいきなり前に持ってきたら危ないから」


・上りエスカレーターは前、下りエスカレーターでは後ろに乗せる(6人)

「もし転がってもまず自分にぶつかるから」

「いつも自分より高い位置に置いた方が、安定した体勢でキャリーケースを掴んでおけるから」


・いつも横に乗せる(3人)

「歩いている流れでそのまま乗せられるし、降りる時もスムーズだから」

「前や後ろに乗せる余裕がないから」


・その時の流れで決める(3人)

「とにかく周りに迷惑をかけずにエスカレーターに乗ることに必死だから」

「荷物が重ければ後ろに、軽ければ前に置くようにしているから」


さまざまな事情や考えがあるようだが、どこに乗せるにしても安全上「常にキャリーケースから手を離さないこと」だけは最重要項目として意識しておく必要がありそうだ。

J-CASTニュース

「カレー」をもっと詳しく

「カレー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ