もはや「モンスター嫌煙者」? タバコいじめに悩む人たち...喫煙席でも「吸うな!許せん!」

11月20日(金)17時0分 Jタウンネット

モンスター嫌煙者にタジタジ...。画像はイメージです(Kelvin Wangさん撮影、flickrより)

写真を拡大

「喫煙者には住みにくい世の中になった......」——そんな愚痴を、あちこちで耳にする。なにしろ店は次々と禁煙になり、非喫煙者からは「タバコ臭い」だのなんだの罵られ、今や自宅の敷地内で吸っていてさえ、「煙が流れてくる」と叱られるのだから。


もちろん、歩きタバコや吸い殻のポイ捨てなど、ルールが守れない喫煙者が非難されるのは当然のこと。だが喫煙者の話を聞くと、ルールやマナーをきちんと守って、身を縮めるようにしてタバコを吸っていても、なお追い打ちをかけるように、ほとんど理不尽としか思えないクレームを受けることがあるというのだ。


「タバコで台無しだ、モーニングの代金を払え!」


愛知県のAさん(20代男性・会社員)はある日の午前中、地元の喫茶店に入った。


この喫茶店はタバコOK。Aさんも一応周りには気を付けつつ、ぷかーっと一服していたのだが......。


「ちょっと、何タバコなんか吸ってるの!」

いきなり怒鳴りつけてきたのは、別の席に座っていた中年女性のグループだ。彼女たちは名物の「モーニング」を食べつつ、だらだら長居しながら会話に花を咲かせていたのだが、どうやらAさんがタバコを吸っていることが許せないらしい。


呼びつけた店員さんの目の前で、さんざんAさんを罵倒した上、


「せっかくのモーニングが台無しよ! ここの代金払ってちょうだい!」

とまで言い出した。幸い、店員さんや周りのお客がとりなしてくれ、彼女たちは怒り心頭になりながらも去って行った。


にらみつけられて思わず逃げ出した


確かに吸わない人間からすると、食事中に近くでタバコを吹かされるのは、あまり気持ちのいいものではない。だが禁煙席ならともかく喫煙OKのスペースで、おまけに「代金を払え」とまで来ると、いくらなんでも理不尽なクレーム、モンスタークレーマーならぬ「モンスター嫌煙者」と言っていいかもしれない。


Jタウンネットが調べてみると、ここまで極端でなくとも、似たような経験は少なからぬ人にあるようだ。たとえば埼玉県のBさん(50代男性・会社員)。駅前の喫煙スペースで一休みしながら煙草を吸っていると、近くを通りがかったこれまた中年女性2人組が、聞こえよがしの大声で、


「煙たいわねー」
「喫煙コーナーを、もっと遠くにしてくれないかしら」

などと言いつつ、Bさんの前に立ち止まり、「まるで犯罪者を見るような目つきで」(Bさん談)にらみつけてきたというのだ。あいにく喫煙コーナーには1人きり、気の弱いBさんはもうタバコどころではなく、


「怖くなり、タバコを消して慌てて立ち去りました......」

店員さん、いくら嫌いだからと言って...


別に直接煙たい思いをしようがしまいが、嫌煙者の中にはタバコ、また喫煙者そのものに敵意を隠さない人もいる。岡山県のCさん(30代男性・会社員)が近所のコンビニでタバコを注文したところ、中国人らしい女性店員に露骨に嫌な顔をされたという。


「イラッとしながらも我慢していたんですが、店員はさらにドン!とその場にタバコを置いてレジ打ちを始めたんです。私が思わず『ちょっとさあ』と声を上げると、悪びれることなく『タバコ吸うヤツキライ』と言い返してきました」(Cさん)

さすがに腹が立ったCさんは買うのをやめて店を出ようとしたが、駆けつけてきた店長に謝られ、なんとか怒りを収めたという。もっとも、そのコンビニには二度と行かなかったそうだが。


東京都のDさん(20代男性・会社員)も似たような体験をした。小さなレストランで食事をした後、「灰皿ありますか?」と何気なく尋ねたのだが、とたんに愛想の良かった店主の表情が一変、露骨に嫌〜な顔をして使い古しの灰皿を出されたという。


「そこまで嫌なら禁煙と言ってくれよ! 結局、1本だけ吸って店を後にしました」(Dさん)

子どものために気を遣うのはわかるが


もちろん、嫌煙者にも理屈はある。特に、健康のことを持ち出されると、喫煙者の側にはぐうの音も出ない。とりわけ「子どもへの影響」については、最大限の配慮が必要になる。


もっとも、中には戸惑う体験をした人も——。


「親戚に娘さんが生まれました。生後3カ月のころ、家族と一緒に出産祝いを持って遊びに行ったのですが......」

というのは、秋田県のEさん(20代女性・会社員)。もちろん親戚宅ではタバコを控えていたのだが、いざ赤ちゃんとご対面——の直前、親戚から、


「タバコの臭いがする。服を着替えてほしい」

もちろん、着替えなど持っているわけがない。すると、「じゃあ赤ちゃんは見せられない」。結局Eさんははるばる出かけながら、赤ちゃんの顔を見ずに帰ったのだとか。


無茶苦茶な理屈の妊婦さん


Eさんのケースは、あくまで赤ちゃんの健康を心配しているのだから、親戚の対応も理解はできる。だが、福岡県のFさん(40代男性・自営業)の遭遇した女性は、まさに「モンスター嫌煙者」の領域だろう。


Fさんが彼女に遭遇したのは、大型ショッピングセンターの喫煙室でのことだ。家族の買い物を待ちがてら一服しようと部屋に入ったところ、中には若い夫婦らしい先客が。しかも見ると、女性は妊婦さんである。当人はタバコこそ吸っていないとはいえ、喫煙室に入るのはどうなのか——と思いながらFさんがタバコに火を点けると、つかつか近づいてきた彼女は一言。


「こっちは妊娠しているんだから、タバコ吸うのはやめてくれない?」

そんなこと言ったって、ここは喫煙室だし、一緒にいる男性だってぷかぷか吸ってるじゃないか——と反論したが、それへの返しが凄い。


「連れのタバコの煙は我慢できるけど、あなたのは我慢できないの」

もはや話が通じないと悟ったFさんは、さっさとタバコをもみ消して、喫煙室を後にした。


以上、6人の体験談を紹介した。もちろんここまで極端な事例は珍しいかもしれないが、それは過去にJタウンネットで紹介した「マナーの悪い喫煙者」の側でも同じだろう。お互い思いやりながら、うまいこと「共生」できるといいのだが——。


あなたの「嫌煙者とのトラブル」体験談、募集しています


Jタウンネットでは、あなたや身近な人が体験した「嫌煙者とのトラブル」についての情報を募集しています。寄稿フォームないしはメール(toko@j-town.net)で、該当する言葉とそれに関係するエピソード、お住まいの都道府県、あなたの年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。採用者には、Amazonギフト券300円分を進呈します。


なお、いただいた投稿の一部を改変・編集する場合があります。あらかじめご了承ください。

Jタウンネット

「喫煙」をもっと詳しく

「喫煙」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ