突然耳鼻科の先生の足を踏みつけたわが子! 意外なその理由とは…!?

11月21日(土)20時55分 ベビーカレンダー

病院での親子と先生

幼稚園の娘は、知らない人が近づいてきたり、自分の体を触ったりすることにまだまだ抵抗を感じているよう。病院などで耳や目、鼻や口の中などを診察してもらうのも同じこと。ある日娘の様子がおかしく、耳鼻科で専門医に診てもらうことになりました。

子どもと初めて耳鼻科へ行く

幼稚園から帰ってきた3歳の娘。なんと耳の中に粘土が入っていることに気づき、早速耳鼻科で診てもらうことになりました。初めての耳鼻科での診察のため、娘は多少の抵抗を見せたものの何とか無事に診察終了。

耳鼻科の先生もとても気さくな方で、雑談をはさみながら耳の中に粘土が残っていないことも確認できました。子どもも診察してくださった先生のことを嫌いにならずに済んだようで、また何かあれば診てもらいたいと思いました。

私も子どもと同じ耳鼻科へ行く

診察してもらってから1カ月も経たないうちに、今度は私のリンパ腺が腫れ、同じ耳鼻科へ子どもと行くことに。触診、採血後に、再度診察の流れでおこなわれました。

採血後の診察で先生と話し、帰ろうとしたそのときに事件は起こりました。何と娘が先生の足を突然踏みつけたのです。娘は悪びれる様子もなく、私は突然娘が起こした行動に驚いてしまいました。

耳鼻科の先生に?られる

足を踏みつけられた先生は「いて」と言い、「謝りなさい」と叱ってくれました。しかし、娘は「やだ」と言って逃走。娘の代わりに先生に謝罪しました。

帰宅中、どうして先生の足を踏んだのか聞いたところ、私のことを心配して起こした行動だったよう。私が採血や触診された様子を見て、自分が診察して嫌な思いを経験したことを思い出した結果の行動だったようです。先生の足を踏んだできごとを話しているうちに娘も自分がとった行動を反省することができました。

耳鼻科の先生の足を踏んだことは良いことではありませんが、自分の感じた不快感を私の立場に当てはめて守ってくれようとしたことは、母親として驚きました。娘の心も日々成長しているということが実感できたできごとでしたが、今後は踏まれた相手の気持ちなども考えられるように成長していって欲しいなと思いました。

先輩ママの体験談、いかがでしたか?「共感した」「私の場合はこうだった」など、ぜひベビーカレンダーサイトのコメント欄にご感想をお寄せください。また、ベビーカレンダーでは皆さんから募集した体験談を記事でご紹介させていただくことも。ベビーカレンダーに会員登録すると届くメルマガから、皆さんのオリジナル体験談をご応募ください。

監修/助産師REIKO


著者:坂本ひろ子

1児の母。自身の体験をもとに、妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。


「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡

ベビーカレンダー

「耳鼻科」をもっと詳しく

「耳鼻科」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ