全然気になってなかったのに…男の行動でドキっとしたコト3つ

11月21日(火)7時30分 Menjoy![メンジョイ]

ルックスもタイプじゃないし、意識したことなんてなかったのに、相手の行動にドキっとしたことってないですか!? 「恋はするものではなく落ちるもの」との言葉通り、ちょっとした相手の行動で、思いもしなかった相手と恋に落ちてしまうことが……。そこで今回は、“全然気になってなかったのに…男の行動でドキっとしたコト”について語ることにします!

1:メッチャ子供の扱いがうまい

意識したこともなかったのに、めちゃくちゃ子供の扱いがうまい男性に、「おおっ! なんだかステキなお父さんになりそう」と、評価をアップさせる女性は多いようです。


とくに、結婚して子供をもちたいと思っている女性は、タイプの男性が子供が苦手でオロオロしていると、少し残念な気分に……。


といっても、「あまり子供が好きではない」という男性でも、「自分の子供だったら話は別」と言う人も。


筆者の兄やパパになった男友達も、結婚する前は子供に対して「かわいい〜!」なんてなったことがなかったのに、自分が子供を持ったら超子煩悩に! 一方、逆のパターンも……。


なので、“他人の子供の扱いが上手い”という点だけで評価して彼氏候補にしたり、「子供が苦手そうだから彼はダメ!」なんて決めつけないほうがいいとは思います。


 


2:意外とサバイバルスキルがある


ちょっとトラブルが起きた時などに機転を利かせたり、サバイバルスキルがあるところを見せられたりすると、「意外と男っぽいな」なんてドキっとしてしまうことが。


以前に筆者が仲間たちとBBQパーティーを開いたときに、誰かがソーセージを持って来ていたのですが、全部ソーセージが一続きにつながっていたんですよね。


そして、誰もナイフやハサミを持参していなくて、「どうしようか……」となっているところへ、友達のA君が空になったアルミ缶をひねって裂き、間に合わせのナイフを作成。


それを使ってソーセージを切ることができて、その場にいた女子から「結構やるじゃん!」との褒め言葉が飛び交っていました。


確かに、困った時にオロオロばかりしてる男子って魅力に欠けると思ってしまいます。でも、得意&不得意分野は誰にでもあります。別のシチュエーションでもチャンスをあげることも忘れずに!



 


3:ズバリと好意を伝えられた


筆者の女友達で、タイプとかけ離れた男性と付き合っている子がいます。


ふたりが出会った当時、すぐに彼女のことを気に入った彼は、「すごくカワイイと思う」とか、「今度ふたりでディナーに行こう」とズバリと好意を示してきたのだとか。


ヨーロッパの男性が好きで、長身&ダークヘア&細身体型が好きな彼女は、オーストラアリア人で太目&若ハゲ、赤毛の彼に興味ゼロだったのです。


ところが、ネチっこい下心ではなく、ストレートに好意をぶつけてくる素直な彼にだんだんとほだされていき、デートを重ねるうちに彼にフォーリンラブ!


「まさか彼のことを好きになるなんて、自分でもビックリするわ〜!」と言っていましたが、意外な相手を好きになることだってあるので、タイプではない男性からアプローチされても早々に却下せずに、しばらく様子を見てはどうでしょうか。


【特集】オトコが泣いて喜ぶ!? ちょいエロな「べッドでのテク」

 


いかがでしたか!?


「恋に落ちるのは突然」と考えたら、意外と誰かを好きになるチャンスって、身近に転がっているということですよね。


自分の好みに縛られているというのは、自分で自分の首を絞めているようなもの。なので、“誰かに対してドキっとした瞬間”を大切にしてみてはどうでしょうか。


 

Menjoy![メンジョイ]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

言葉をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ