まるでホラー オシャレな取っ手に変えたつもりが怖すぎる結果に

11月21日(木)10時20分 おたくま経済新聞


 まるでホラー映画……。Twitterユーザーの黒猫・フランベルジュさんが、自宅の和風棚の扉の取っ手を取り替えたところ、「ギョロッ!」とした目玉にしか見えず、困惑しています。

 黒猫・フランベルジュさんは11月10日、自身のTwitterで、「ダイソーで可愛い和風の取っ手を発見。座敷にある古めの和風棚の扉の取っ手が壊れた為、早速取り替えたら、充血した眼球にしか見えなくて困ってる」というコメントと共に、写真を投稿しました。



 1枚目の写真には、ダイソーで買ったという可愛い和風の取っ手が写っています。この取っ手、単体で見ると、ごく普通の和風の取っ手なのですが、黒猫・フランベルジュさんの自宅にある和風棚の扉に取り付けてみると……。



 「キャー!」と思わず叫び声をあげたくなるような「ギョロッ!」とした目玉みたいに。充血した目玉が、こちらを見ているかのようで、恐怖を感じてしまいます。筆者は「貞子」の映像を連想してしまいました……。

 当時について、詳しい話を聞いてみると「これは決してダイソーさんの商品が悪い訳では絶対になく、私の組み合わせ方が結果的にホラーになっただけ」としつつも、取っ手を付けた瞬間、「しまった……」と思ったそうです。

 奥様は「気のせい」と、ほぼノーリアクションだったそうですが、子供たちは「目玉にしか見えない!怖い」と怯えていたとのこと。たしかに、お子さんがこれを見たら怖いですよね……。

 なお、この投稿には、4万件以上のリツイートと、10万件以上のいいねが付き、「子供が泣くやつ」「夜中に見たくない」「怖すぎ」など、多くのコメントがよせられています。

<記事化協力>

黒猫・フランベルジュさん(@ayakasi_k39)

(佐藤圭亮)

おたくま経済新聞

「ホラー」をもっと詳しく

「ホラー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ