スピリチュアルにぞっこん!将来はUFOに遭遇したい?新鋭女優・小川未祐の意外な素顔とは

11月20日(金)18時0分 tocana

<明日、11/21日に池袋・渋谷・横浜で舞台挨拶決定!! >




「観たら、キマる」をキャッチコピーに、セックス、ワイヤーアクション、怪獣、ミュージカル、オカルトなど、あらゆる映画要素を詰め込んで作られた異色の長編映画『脳天パラダイス』が11月20日より公開される。今年のローザンヌ映画祭(スイス)のオープニング上映作品にも選出されている同作は『闇のカーニバル』『ロビンソンの庭』などで知られる山本政志監督の5年ぶりの新作だ。



 主人公の昭子役に南果歩、昭子の元夫・修次役にいとうせいこう、謎のホームレス役に柄本明が出演するほか、玄理、村上淳、鳳ルミ、古田新太ら豪華キャストが脇を固め、高台にある一軒の大豪邸を舞台に、破産して離散寸前の一家が、引越しの最中、娘の何気ないSNSへの書き込みから、予想もつかない騒動に巻き込まれる様をコミカルに描く。



 離散一家の長女・あかね役を演じるのは、19歳の新鋭女優・小川未祐だ。

オカルトやスピリチュアル要素満載の本作で、ベテラン俳優勢を相手にフレッシュな演技を披露するほか、目の覚めるようなダンスシーンにも挑戦している。彼女に本作に散りばめられたオカルト要素に絡め、過去のオカルト体験などについて聞いたほか、興味があるというスピリチュアルについて語ってもらった。





ーー夢とも現実ともつかないようなストーリーの作品ですが、小川さんはプライベートでこの映画のような不思議な体験をしたことはありますか。


小川:この映画ほどの経験はないですけど、ちょうど3カ月くらい前、家に1人でいて、何も触っていないのにクローゼットの扉が開いて、中のものが落ちてきたみたいな経験はあります。クローゼットはいつも絶対閉めているんですけど、それが音もなく開いていたんです。心霊現象なのかどうかはわからないんですけど、なぜかわたしは落ち着いていて、「あっそっか」って(笑)。


ーー心霊現象のようなものは意外と平気なんですか?


小川:いや、怖がりではあるんです。ホラー映画とかは怖いなって思いますし(笑)。海外のホラー映画だと、楽しいというか、最後は笑えるものもあったりして大丈夫なんですけど、日本のホラーとか、ガチな感じのものは苦手です。普段はあんまり見ないです。



ーーUFOを見たとか、そういう経験はありますか?


小川:いや、ないです。見てみたいなって願望はありますけど。UFOとか宇宙人のような存在は絶対いると信じてはいるんです。人間に潜んでいるって話も聞きますし(笑)。


ーー宇宙人が潜んでそうな人が周囲にいるんですか?


小川:ちょいちょいいます(笑)。スピリチュアル的なことが好きな人はそうじゃないかなって思います。


ーーオカルト、スピリチュアルなどの世界にはそもそも興味があるんですか?


小川:あります。スピリチュアル的なことが結構好きなんです。プライベートでは瞑想とかもしたりしていますし。


ーー瞑想?


小川:はい。自己流ですけど、夜、ベランダに出て、キャンドルに火をつけて瞑想を20分とか30分するんです。頭を整理したい時にやるとすごく効果があります。


ーー瞑想ってどのような方法でやるんですか? 心を無にしてやるものなのですか? それとも目を閉じていろんなことを考えたりするんですか。


小川:どちらでもいいみたいです。わたしも考えたりしながらする時もあります。目をつぶって、頭の中にあるものを整理するのが目的なんです。寝っ転がってやる時もあれば、座って深く息を吸いながらやる時もあります。



ーー他にスピリチュアル的なことで興味があることは何ですか。


小川:最近はオラクルカードに興味があります。あと、天然石をお守りがわりに買ったり。


ーー天然石?


小川:はい。家に置いて、たまに浄化したりします。


ーー天然石の浄化ってどうするんですか。


小川:塩を入れたお水につけておくんです。そうすると石に入っている邪念が抜けて綺麗な状態に戻るんです。


ーーどういう石がいいんですか。


小川:自分の誕生石とかは持っていたほうがいいと思います。でも、マルチに使えるのは水晶だと思います。



ーー水晶も持っているんですか。


小川:持っています。でもそんなに大きいものじゃないです。小さいものを持っています。石は他にも原石系のものを6種類くらい持っています。お守りがわりに持ち歩いたりとかするんです。


ーースピリチュアルに興味を持つきっかけは何だったんですか?


小川:オラクルカードに触れ始めたのが大きいと思います。最初絵が綺麗だったので、持っていて眺めたりするのにいいなって買ったんです。でも、結構色々質問して聞いたりすると助けになることも多くて。


ーースピリチュアル系の媒体や有名人で興味のある人はいたりしますか?


小川:YouTubeで事故のあった物件に行って、その霊と喋る人がいて。その人の動画はよく見たりします。


ーー心霊スポットとか、パワースポットとかで興味のある場所はありますか。



小川:沖縄はすごく興味があります。沖縄ってそういう力を持った場所だと思うんです。久高島とか。神聖な場所っていうことで有名ですよね。3年くらい前からずっと行きたいって思っています。旅行で行ったことはあるんですけど、もっと長い時間行ってみたいなって。あと今のコロナ禍の状況が少し落ち着いたら海外にも行きたいです。トルコの食器とかが好きなのでトルコも。あと、身近なアジアの場所も行ってみたい。タイとか台湾とか、韓国とか。


ーー場所もそうですけど、不思議な生物とか、生命体には興味はないんですか?


小川:タツノオトシゴには興味があります。好きで、飼いたいなと思っているくらいです(笑)。先日、熱帯魚屋さんで見つけたんです。タツノオトシゴが10匹くらい入っている水槽があったんですけど、1匹だけ、下にいて固まっているタツノオトシゴがいて、そのタツノオトシゴが気になってしまって。それから飼いたい欲が止まらないです。


 


ーー不思議な生命体といえば、最初UFOの話が出ましたけど、小川さんの想像するUFOってどんな形をしていますか?


小川:すっごい巨大な平べったいヒラメのようなものを想像します。手触りは硬くて(笑)。


ーー宇宙人はどんなものだと想像しますか。


小川:人間と近いんじゃないですか。うねうねしているみたいなものというより、顔のパーツもちゃんとあって、関節がちょっと少ないとかそういう感じのものを想像します(笑)。


ーー宇宙人と遭遇したらどうしますか?話したりしてみたいですか?


小川:してみたいです。1人だと余計喋るしかないだろうし。交流したい派かもしれないです(笑)。



ーーNASAが最近宇宙人はいると発表して話題になりましたから、近いうちにそういう経験もできるかもしれないですね。


小川:そういえば以前、霊視のできる人に聞いたら、宇宙人という存在は確かにいて、もういい加減自分たちのことを発表してくれとお願いしてNASAが発表したんじゃないかって、分析していました。


ーー霊視のできる人と宇宙は関係あるんですか?


小川:あるんじゃないですか(笑)


ーースピリチュアルに興味があるということで、もっとお話を聞いてみたい気になります。


小川:わたし、演技のほかに文章を書いたりする作業も好きなんです。いつかエッセイのような形で書いてみたいなって思ったりもします。もしそういう機会があればぜひ挑戦してみたいです。




映画『脳天パラダイス』11月20日全国ロードショー







<あらすじ>東京郊外、高台にある一軒の大豪邸。あとは引越し業者のトラックに荷物を積み込むだけとなった部屋を、やさぐれた表情で見わたす笹谷修次。家⻑でありながら、この家を手放す原因を作った張本人である。引きこもり気味の息子・ゆうたは淡々と現実を受け止めている。一方、生意気盛りの娘・あかねは不甲斐ない父親にイラつきながら、ヤケクソ気分で Twitter に「今日、パーティをしましょう。誰でも来てください。」と地図付きツイート。そのままフテ寝してしまう。投稿がリツイートされまくり、瞬く間に拡散している状況を示す通知が鳴り響いていることも知らずに……。数年前、恋人を作って家を出たはずの自由奔放な元妻・昭子がやってきた。パーティーのツイッターをみてやってきたのだ。ゆうたは、久しぶりの母との再会を喜ぶが、修次やあかねにとっては招かれざる客でしかない。借金まみれになり、一家離散目前の笹谷家にツイッターをみて、次々にパーティー客がやってくる。インド人のゲイカップル、やる気のない運送業者、手癖の悪いあかねの友人、台湾から来た観光客の親子、酔っ払いの OL、恋人を探しているイラン人、謎のホームレス老人…。



そんな中、来客を頑なに追い返そうと一人奮闘する修次だったが、珍客はどんどん増え続ける。しだいに豪邸は、ドンチャン騒ぎを超えた、狂喜乱舞の縁日の境内状態になっていく。笹谷一家の引越しは!? いやいや、もうそれどころじゃない!



客たちによって一家の運命はめくるめく奇々怪々と狂喜乱舞へと導かれていく……!

これは現実か、それとも幻覚か、果たして彼らの行く末は!? もう誰も逃げられない。

『脳天パラダイス』への扉が今、開いてしまったのだ!




<出演>

南果歩 いとうせいこう 田本清嵐 小川未祐 玄理 村上淳 古田新太 柄本明


<監督>

山本政志

企画:シネマインパクト、C・C・P 協賛:高見庭園

配給:TOCANA

製作協力:UNIVA Guangzhou Trading 製作:パンクチュアルカルチャー 大江戸美術

(C)2020 Continental Circus Pictures



※脳天パラダイス公式HPはこちら



tocana

「将来」をもっと詳しく

「将来」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ