生理中も快適に!イライラ・体調不良を軽減するには?

11月21日(木)17時30分 yummy!

毎月やってくる生理に悩まされる女性は多いのではないでしょうか?
体調や情緒が不安定になったり、生理用品でかぶれて気分が下がったり。何かと過ごしづらいと感じる生理期間ですが、少しでも快適に過ごす方法をご紹介します。

月経前症候群や生理痛の症状


人によっては、月経がはじまる前に頻尿が起こったり、生理中にも腹痛・頭痛が起こったりなどの症状が出やすい人と出にくい人がいます。
こういった症状は人によって重さに大きな差があり、なかには仕事に行くことができないほどの痛みを我慢している方も少なくないでしょう。あまりにも痛みが強い場合には、婦人科でピルを処方してもらうなどの対処をとることが大切になってきます。
また、重大な病気の前兆である可能性もありますので「起き上がれないほど痛い・重い」「吐き気をともなう」などの自覚症状がある方は、一度婦人科を受診するようにしましょう。

生理期間を少しでも快適にするために


自分の正しい月経周期を把握する方法として、体温を毎日計ってチェックすることをオススメします。
月経前には、女性は体温が上がります。定期的に体温チェックをしていれば、月経期間を把握できるため、腹痛などがひどく悩んでいる人にはとくに効果的。生理が近づいたら体を温めて痛みを緩和させたり、刺激の少ない食べ物や飲み物を摂取したり、早めに薬を飲んだり、とスムーズに対処できるでしょう。
また、この月経周期を体温で測ることは、妊娠・避妊の際にも大切なデータになってきます。お子さんがほしい方や、妊娠を回避したい女性にとって、とても大切な情報。定期的に体温チェックをする癖をつけることで役に立つのです。

自分に合った生理用品を活用しよう


月経時に必要になるナプキンですが、近年は非常にさまざまな種類の製品が販売されています。
月経時に排出される経血の量が女性によって違ったり、同じ人でも多い日と少ない日とでかなりの差があったりします。それに合わせて製品を使い分けることが可能なのです。また、ナプキンの厚さや長さもさまざま。ぜひあなたに合ったナプキンを見つけてくださいね。
月経期間であっても、プールや温泉に入ることも可能です。とくに経血量の多い1、2日目でなければ、膣内に挿入するタンポンを活用することで、膣内部で経血を吸収し流れ出るのを阻止してくれます。プールなどの水中に入る場合や、激しい運動をしたいときなどに活用すると、誰でも安心して月経期間中を過ごすことができるのです。
とはいえ、生理期間中の体調の乱れは人それぞれ。タンポンを使用しても、いつも通り楽しめるとはかぎりませんよね。体を大切にして、無理はしないようにしましょう。

肌がかぶれてしまうことも


ナプキンには、使い捨てタイプを利用する方が大半だと思いますが、肌の弱い人など、製品によって肌がひどくかぶれてしまった経験をもっている方もいるでしょう。
オーガニックの布製生理用品を使えば、使い捨てのものより肌に優しく、生理期間の不快さを軽減することができます。
こういった製品は少し高いと感じるかもしれませんが、洗って繰り返し活用できますので、実はとても便利。

さいごに


月に一度やってくる生理。女の宿命とはいえ、つらいことが多いでしょう。
少しでも快適に過ごせるように、生理用品やピル、体温測定法などを活用してみる工夫が大切です。
(yummy!編集部)

公開日:2014年8月6日
更新日:2019年11月21日


yummy!

「体調不良」をもっと詳しく

「体調不良」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ