3か月以内に別れる「ワンクール女子」の特徴 「失恋後、1週間で立ち直る」「大事にされてる気がするから指輪が欲しい」

11月22日(水)7時0分 キャリコネニュース

アクセサリーなどの企画・製造・販売を行うJAM HOME MADEは11月21日、20〜30代女性の恋愛に関する調査結果を発表した。調査は今年11月にインターネットで実施した。

20〜30代の女性7260人に平均交際期間を聞くと、最も多いのは「1年以上」(56.5%)となった。以降「7か月〜1年程度」(14.0%)、「4〜6か月程度」(8.8%)、「3か月以内」(7.0%)となった。「交際したことがない」も13.8%いた。

同社はドラマやアニメの1作品放送が1クール(3か月)であることから、平均交際期間3か月以内の女性を「ワンクール女子」と命名。傾向を分析した。

ワンクール女子は年齢が上がるにつれ「告白する割合」「振られる割合」が増加傾向に

ワンクール女子の結婚観

交際を始める際の結婚の意識について、ワンクール女子300人と、平均交際期間1年以上の「notワンクール女子」300人の合計600人に聞いた。「結婚を意識する」と回答した人は、「notワンクール女子」は20代で72.0%、30代で58%となっている。

一方、ワンクール女子は20代で52.1%、30代で54.0%。notワンクール女子と比較すると、結婚を意識するのが難しい、と感じている人が多いようだ。

またワンクール女子に、どちらから「告白」することが多いかを聞くと、「自分から」は、20代で16.7%、30代で28.0%。「相手から」は20代で83.3%だが、30代は72.0%となっている。

「別れ」の切りだし方については、「自分から」が、20代で60.0%、30代で54.7%、「相手から」は20代で34.0%、30代で45.3%となった。ワンクール女子は年齢が上がるにつれて、自分から告白する割合も、相手から振られる割合も増える傾向があるようだ。

ちなみにnotワンクール女子の「告白」の切りだし方は、ワンクール女子と大差はなかった(「自分から告白する」20代20.0%、30代25.3%、「相手から」80.0%、74.7%)。しかし「別れ」は「自分から」が20代で64.7%、30代で63.3%、「相手から」も20代で35.3%、30代で36.7%と横ばいになっている。

ワンクール女子が指輪を欲しい理由「大事にされている気がする」

交際相手と別れ、次の恋愛に進もうと思えるようになるまでの時間を聞くと、ワンクール女子の4人に1人は「1週間以内」(25.3%)と回答している。ちなみにnotワンクール女子で「1週間以内」と回答したのは13.7%だけだった。

一方「立ち直るに6か月以上かかる」は、notワンクール女子(42.0%)がワンクール女子(31.0%)を11ポイント上回っている。ワンクール女子は切り替えが早いのか、過去の恋愛経験から切り替えを早くするようになったのか、中々考察が難しい。

そんなワンクール女子も、65.3%が「交際相手から指輪を貰いたい」と回答。最も多かった理由は「大事にされている気がする」だった。notワンクール女子の理由は「記念(思い出)になるから」で、考え方に違いが見られた。

またどういう恋愛を求めているかを聞くと、ワンクール女子の84.3%は「安定的な恋愛」と答えている。刺激的な恋愛より、落ち着いて恋愛がしたい、と思っている人がとても多いようだ。


キャリコネニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

指輪をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ