融通のきかない職場で働く人たち「親会社の顔色を伺うばかり」「現場に時間管理されている」

11月22日(金)7時0分 キャリコネニュース

融通のきかない企業で働く社員から不満の声が相次いだ

みなさんの会社は、働きやすい環境が整っていると言えるだろうか。働き方改革が進み、時短勤務やリモートワークなど多様な勤務スタイルを選べる企業が増えてきた。一方、まだまだ融通のきかない企業もあるようだ。

実際に現場で働いている社員はどう感じているのか。企業口コミサイト「キャリコネ」に寄せられた口コミを見てみたい。【参照元:キャリコネ】

「まじめに仕事をこなす分、保守的で融通きかない」


「融通がきかずお堅い社風である。親会社の顔色を伺うばかり。天下りしてきた人間の天下である」(社内SE、30代後半、男性、正社員、年収520万円)
「まじめできちんと仕事をこなす人が多いが、その分保守的で融通がきかないことが多い。部署ごとにマニュアルやルールがあり、社内調整に時間がかかる」(金融システム開発、20代後半、男性、正社員、年収550万円)
「平均年齢が若いため風通しがいいと思っていたが、思った以上に融通がきかないところが多い。老舗商社ということもあり、古いしきたりにこだわり、現場発案の改革などを好まないと感じた」(ルートセールス、20代後半、男性、正社員、年収380万円)

まずは会社の体制や社風自体に「融通がきかない」と感じている口コミだ。ルールやしきたりが決まっている分、新しい方法や改革を提案しづらい様子がうかがえる。また、親会社からの天下りなどにより、会社の実情に合わない内容を受け入れなければならず、結果的に融通がきかないケースもある。

これまで培ってきたやり方やこだわりは大事ではあるが、それだけでは行き詰まってしまう。融通のきかない職場に嫌気がさして、人材が流出してしまう可能性すらあるだろう。企業には、効率的な仕事のやり方や異なる意見を取り入れるマインドも求められる。

「前日遅くまで働いても、翌朝普通に出社」

また、勤務形態に関して「融通がきかない」と感じている人も多いようだ。

「24時間を12時間に分けて交代制で働く。サービス残業は当たり前で、許可を貰わないと帰れない。シフト制で休みの融通がきかないときもある」(その他、20代後半、男性、正社員、年収300万円)
「時間短縮で働いている女性もいらっしゃいますが、融通のきかない仕事が多い印象でした。お子さんがいる方は働きにくい環境だと思います」(店舗スタッフ関連、20代後半、男性、契約社員、年収320万円)
「現場に時間管理されていることもあり、融通が効かなかった。前の日遅くまで働いても翌朝普通に出社するのが当たり前だった」(プログラマー、30代前半、男性、正社員、年収450万円)

働き方改革では、長時間労働の制限や有休取得日数を定めている。実際に帰社時間が早まった企業や、休みが取りやすくなった企業があり、在宅勤務やフレックスなどを導入する企業も増えている一方、いまだに希望通りに休みが取れない会社や、時短勤務をうたっておきながらも子育てと仕事の両立が難しい企業も存在した。長時間勤務や休日の取れない日が続くと、体調管理やモチベーションの維持に支障をきたす可能性もある。

多様な働き方が求められている現代。企業は勤務スタイルや休日の取り方に幅を持たせ、融通がきく労働環境を整えるべきだ。【参照元:キャリコネ】


キャリコネニュース

「職場」をもっと詳しく

「職場」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ