この冬も走るスキースノボ専用夜行列車「スノーパル23:55」1/8-3/27の合計27回運転

11月23日(月)12時6分 鉄道チャンネル

東武鉄道の冬の名物列車といえば、スキー・スノーボード専用夜行列車「スノーパル23:55」(すのーぱるにーさんごーごー)。

この冬、夜行列車「スノーパル23:55」は、2021年1月8日〜3月27日の毎週金・土曜日、祝前日の1月10日、2月10日、2月22日から翌日に渡り合計27回運転。

浅草駅を23時55分に出発し、たかつえスキー場に6時30分ごろ、だいくらスキー場には6時50分ごろに到着する。

途中停車駅は、北千住・新越谷・春日部。発着時刻は、浅草23:55発・北千住 0:10発・新越谷発0:26・春日部発0:42、会津高原尾瀬口5:23着。

使用車両は、東武鉄道の全能特急車両500系リバティ。リクライニング可能な各座席にコンセント、無料WI-FI、洗浄機付トイレ(車いす対応・オストメイト付き多機能タイプ)がつく。

「幻想的な早朝のゲレンデを眺めながらの朝食やフワフワのパウダースノーを楽しむことができる」「車内ではマスク着用の上、会話は控えめに」と東武鉄道。

スノーパル23:55などのチケットは、東武トップツアーズ旅行商品「スノーパル23:55」からプランを選び購入。

購入は、1か月前から各出発週の金曜日17時までに。2月10・22日は当日17時まで。前売り開始は12月8日から。

この冬のスノーパル23:55は、ソーシャルディスタンスを希望する利用者むけに、ひとり1000円の追加料金で1名2座席を利用できるプランを用意している。

鉄道チャンネル

「夜行列車」をもっと詳しく

「夜行列車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ