C97に間に合うぞ! Twitterの声から開発「コミケ用ミーティングバッグ」一般販売が12月11日から開始

11月24日(日)17時51分 ねとらぼ

カウネットWebサイト「コミケ用ミーティングバッグ」

写真を拡大

 Twitterをきっかけに開発・商品化され、先行販売でも限定100個が開始3分で完売した「コミケ用ミーティングバッグ」が12月11日から一般販売することが決定しました。また、販売イベントが、東急ハンズ池袋店にて11月30日に開催予定です。
 コミケ用ミーティングバッグは、コクヨのオフィス通販「カウネット」が開発。コミックマーケット(以下、コミケ)参加者が、同社のオフィス内移動向け「ミーティングバッグ」を実際に使っており、「便利そう」という声がTwitterで寄せられたことから、コミケ参加者向けの試作品を制作。そこからさらに意見や要望を取り入れて完成させたアイテムとなっています。
 そんなTwitterユーザーと一緒になって作られた同バッグのポイントは大きく3つ。まずは「頑丈さ」で、芯材の補強から、撥水加工生地で水に強く、底鋲付きでたわみにくく自立が可能です。次に同人誌を大量に入れても大丈夫な「耐荷重20キロ」。そして会場MAPやドリンクを冊子とは別に入れられる「収納機能の充実」です。
 一般販売での価格は4980円(税込)。カウネットWebサイトにて12月11日13時から販売開始です。なお、東急ハンズ池袋店での販売イベントは限定40個が無くなり次第終了で、詳細は同店サイトから確認できます。

ねとらぼ

「コミケ」をもっと詳しく

「コミケ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ