古市憲寿が現役宇宙飛行士に仰天質問 「赤裸々トーク」に反響

11月24日(金)16時0分 NEWSポストセブン

12月に日本を発つ宇宙飛行士の金井宣茂氏

写真を拡大

 12月17日に地球を発ち、来年4月まで国際宇宙ステーションに滞在する予定の宇宙飛行士・金井宣茂氏。出発を直前に控え、「子供の頃から宇宙が好きだった」という社会学者・古市憲寿氏との対談が、カジュアルファッションマガジン『Maybe!(メイビー)』誌上で実現した。異色の2人の対談は、古市氏の予想外の質問から始まった──。


古市:いきなりですが、宇宙でセックスした人類っているんですか?


金井:そこからですか! まだいないと思います(笑)。


古市:金井さんは先日、婚約を発表されたばかりですが、奥さんになる方は、宇宙へ行くことを心配していないんですか?


金井:宇宙飛行士はやはり遺言を残します。何かあった時、家族に連絡してくれる人を指定したり。そういう問題は発生してきますね。


古市:僕の周りは、まだ独身ばっかりなんですけど、どうしたら結婚できるんですか?


金井:そうですね……、チャンスを逃さないってことじゃないですかね(笑)。


古市:やっぱり宇宙に行くことが背中を押したんですか?


金井:まあ、もともと「宇宙でのミッション(任務)が終わったら結婚しましょう」と言って、お付き合いを始めましたので。


古市:すごくドラマチックですね!? 遠距離恋愛になるわけですが、その間、お互い連絡は取り合えるんですか?



金井:宇宙ステーションからメールはいつでも送れますし、電話もかけられます。


古市:JAXAを介して? それとも、直接連絡できるんですか?


金井:NASAのシステムなので担当者は内容を見られますけど、日本語ですからね。


──初対面だった2人の議論は白熱し、「宇宙飛行士の性格」や「宇宙船内でのコミュニケーション」など様々なテーマで語り合ったという。金井氏が宇宙から戻ってきたあかつきには、また古市氏の予想外な質問が待っているかもしれない。


◆photo: 大濱 健太郎

NEWSポストセブン

「宇宙」をもっと詳しく

「宇宙」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ