男性が「今日はいつもよりかわいいいかも!」と思う彼女の“見た目”の変化って?

11月24日(日)7時30分 yummy!

いつも見ているものが少しだけいつもと違う。
たったそれだけのことで、人は「なんだか印象が違うな」と気が付いてしまいます。
お部屋の模様替えをして気分がリフレッシュするのも、店頭の飾りつけが季節に沿うものになって感慨深くなるのも、この気づきの効果がその根底にあってこそ。
同じことは人間関係においても言えます。
恋人同士は長続きするとどうしても関係がだれてしまいますが、見た目をちょっとだけ変化させるだけで、なんだか新鮮に見えることはあるものです。
そこで今回は、彼氏から「今日、なんかいつもよりかわいいな」と思われやすい、女性側の見た目のバリエーションの変化について、いくつか思い当たる実例をもとに紹介したいと思います。
人間、なんだかんだ言って見た目が9割の生き物。
その見た目を良い意味で変化させてみるというのは、恋愛関係を円滑に続けさせるうえでも、結構重要なことですよ。

些細な変化は分からないのが男性。髪形は思いっきり変えること


よく、「髪を切ったのに全然気づいてくれない」みたいなことを女性が言うのを耳にします。
そらそうです。
男性は自分以外の誰かの、ほんの些細な変化には鈍感な生き物です。
期待をするのがおかしいレベルで、期待したってそもそも無駄なのです。
とはいえ、髪形の変化にノーリアクションの彼氏ってむかつきますよね。
ではどうすれば、その変化に気づいてもらえるのか。
答えはガラリと印象を変えた髪形にする。これが一番です。
髪の印象を大きく変えればさすがに相手も気づきます。
そのうえで「あ、これもアリだな」とか「こっちも似合っててかわいい」と思ってもらえるかは博打になりますが。
失敗したくない場合は、彼氏にそれとなく自分がしようと思っている髪形についての所感を、あらかじめ聞いておくのがいいかもしれませんね。

服の色合いを暖色系にするだけで男性は「かわいい」と思い込む


見た目を変えるだけでかわいいと思わせる技術というのはいくつかありますが、普段あなたが寒色系のコーデを好んでいるという場合は、簡単な方法があります。
ずばり、服装を暖色系に変えてみるだけ。
これだけで男性は「あら、いいですね」と思い込むケースって、結構あるんです。
男性は女性ほど服に興味がありません。
いや、もちろん自分のこだわりのコーデぐらいはありますけど、同じ熱量で彼女の服装に注目するような男性はほとんどいません。
いても服飾系の学校を出ているか、アパレルの会社で働いているとか、そういうレベルになってようやく……という感じですね。
あ、あと20代前半ぐらいの男性の中には、背伸びして女性のコーデにやたら口出ししたがる小癪な坊やはいますが、そんな彼らもやがて無頓着になります。
だから彼女の服装については、おおよそ色だけで印象をおぼえていて、具体的に彼女がどんな服を持っているのかについては、ほとんどおぼえていません。
そんなレベルなので、普段と違う色の系統を、それも暖かな印象をあたえる色をまとっていれば、それだけで印象が違って見せかけることはできます。
暖色系を着ることで「温かみを感じてかわいい」と思わせることは簡単にできるのです。

おわりに


と、本当に基本的なことしか書いていませんが、この基本的なレベルでやっと認知できるのが男性なのです。
それほど見た目の変化に鈍感なのが、男性なのです。
「これすら分からない可能性がある」という前提を踏まえて変化を見せることが、世の男性に失望しないコツかもしれませんね。
(松本ミゾレ/ライター)

yummy!

「リフレッシュ」をもっと詳しく

「リフレッシュ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ