まるでヒヨコ...! 冬のプレーリードッグ、モコモコな理由を聞いてみた

11月25日(月)21時0分 Jタウンネット

ヒヨコなのか...?(写真はオレンジぱぴこ。さんのツイートより)

写真を拡大

思ってたのと違う——。そんなプレーリードッグの写真が、注目を集めている。


ヒヨコ ...?#上野動物園 #オグロプレーリードッグ #ヒヨコではない #まるい pic.twitter.com/Sew4ZmjTxP
- オレンジぱぴこ。 (@PapicoOrang) November 20, 2019

こちらは、ツイッターユーザーのオレンジぱぴこ。さんが2019年11月20日に投稿したツイート。上野動物園(東京都台東区)で飼育されている「オグロプレーリードッグ」の写真が2枚添えられている。


プレーリードッグと聞くと、後ろ足で立ち上がり草原をキョロキョロ見回す、強いて言えば縦長の姿が思い浮かぶ。しかし、写真の中で草を食んでいる動物は、まん丸でフワフワ。筆者の記憶の中のプレーリードッグとは一致しない姿だ。


あまりにもふくふくとしたその姿に、オレンジぱぴこ。さんは、こう呟いている。


「ヒヨコ...?」




写真を見た人からも、その丸さやモフモフ度に驚く反応が多く寄せられた。また、中には


「銘菓『プレーリードッグまんじゅう』のデザインに使えそうな姿勢ですね」
「『名菓オグロプレーリードッグ』や『オグロプレーリードッグサブレー』も発売されますように...」


というコメントも。絶妙な背中の曲線と、くちばしのようにチョンと突き出した鼻先からか、名菓「ひよ子」を思い出したようだ。たしかにだいたい同じ形をしている。


ヒヨコにも「ひよ子」にもそっくりなプレーリードッグ。どうしてこんなに丸いのか。Jタウンネット編集部が23日、上野動物園・教育普及係の担当者に話を聞くと、


「冬毛と皮下脂肪により、冬は夏よりもこもこします」



とのこと。冬の寒さに備えるために秋くらいから冬毛に変わりはじめ、丸くモコモコした姿になるようだ。




夏と冬の姿を見比べると、同じ動物とは思えないほどの変わりっぷりだ。


ただ、担当者によると、冬だからと言って大きく行動が変化することはなく、「冬は巣材を集めることが多くなる」程度。巣穴の中では、夏でも冬でも密着して過ごしているそうだ。

Jタウンネット

「モコ」をもっと詳しく

「モコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ