中川大志の「俺もう違う」、波瑠の“人間愛”に様々な反響…「G線上のあなたと私」7話

11月27日(水)0時30分 シネマカフェ

「G線上のあなたと私」第7話 (C) TBS

写真を拡大

波瑠中川大志、松下由樹らが出演、大人のバイオリン教室をめぐる物語を描く「G線上のあなたと私」の7話が11月26日放送。自分の気持ちに気付いた也映子と理人、2人の姿に視聴者からも様々な感想の声が上がっている。

結婚を決め寿退社するはずが、婚約破棄され仕事も結婚も失い、失意のなか出会ったバイオリンに魅せられる小暮也映子を波瑠さんが演じる本作。也映子が通うことになるバイオリン教室で出会う大学生の加瀬理人に中川さん、夫に浮気され姑と娘の世話に明け暮れる毎日を過ごす主婦の北河幸恵に松下さん。

也映子たちのバイオリン教室の講師で、理人が想いを寄せている久住眞於に桜井ユキ。眞於と交際していたが彼女を捨て芙美と結婚した理人の兄・侑人に鈴木伸之。侑人の妻となった芙美に滝沢カレン。理人のことが好きだが理人からは距離を置かれている清水結愛に小西はるといったキャスト。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
3人でコンサートをやろうと決めたものの、理人は大学が忙しくなり、幸恵は娘の多実の受験を控え、練習の機会がなかなか設けられない。そこで也映子は3人でのコンサートの延期を提案する。そんななか也映子も再就職が決まり多忙に。3人がすれ違っていく。


一方、手の病気の治療に効果を感じた眞於はバイオリンの演奏会に出ることを決意。演奏会の後、眞於は自分のバイオリンを也映子に譲ると言い、理人や侑人の実家の前にふらりと現れる。侑人は何かを察し理人に電話、「話を聞いてやって欲しい」と告げる…というのが今回のおはなし。


眞於に想いを寄せていたはずの理人だが、侑人からの願いに理人は「ごめん兄貴、俺、もう違う。俺、もう違うんだわ」と、也映子のことを思い出しながら答える——。眞於ではなく也映子のことを好きになっている自分に気付いた理人のその言葉に「キターーーッ! ついに自分の気持ちに気が付いて それを認めたよ」「理人くんがー!もう違うって言ったー!年上好きが過ぎるぞ理人」「もう好きじゃん?!気づいちゃってるじゃん?!?!理人」など、視聴者から興奮の声が続々と寄せられる。


一方、眞於は演奏会で満足できる演奏ができずバイオリンを諦めようとしていた。説得のため眞於の部屋に向かう3人だが、そこで理人が自分の想いを口にしようとするのを遮って、也映子は自分達の関係を“人間愛”だと言い、理人を眞於のもとに向かわせる。眞於が理人を部屋に招き入れた頃、也映子は理人への想いから号泣する…。


そんな也映子にも「也映子ちゃん切ないよ〜人間愛よりもっと素直になって〜」「いくら人間愛だと言い聞かせても、やっぱり好きな人をむやみやたらに手放しちゃあかん」「也映子ちゃんは。もっと自分本位でいいんだよ、人間愛とか言ってる場合じゃないんだよ、もう(涙)」などの反応が集まっている。

シネマカフェ

「波瑠」をもっと詳しく

「波瑠」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ