「祖父の訃報を受け取った冬の日、故郷に帰れなかった私。ふらりと入ったラーメン屋で出会ったのは...」(北海道・50代男性)

11月27日(土)11時0分 Jタウンネット

人に親切にするのは良いことだとわかってはいるが、どこまでが「親切」でどこからが「お節介」なのか、相手との距離感は非常に難しい。

北海道在住のDさん(50代男性)からJタウンネットに届いたのは、大学時代に出会ったあるラーメン屋の夫婦との思い出だ。

当時、長野に住んでいた彼は冬のある日、北海道の祖父の訃報を受け取る。

葬儀のために北海道へ帰ろうとしたが、急なことなので飛行機は満席。キャンセル待ちをしたがその日は結局、どこに向かうこともできなかった。

夜、空港は閉まり、野宿を覚悟したDさん。

そんなところに、ほどよい距離感でさりげなく手が差し伸べられ——心身ともに疲れていたDさんが救われたエピソードを、いっしょに見てみよう。

ラーメン屋の夫婦が何かを察した様子で...

30年前の冬のことです。私が長野の大学に通っていたころ、祖父の訃報があり、夜に羽田空港まで向かいました。

ところが、飛行機は満席。キャンセル待ちしましたが乗れず、空港も閉鎖され......途方に暮れ近くの街まで歩き、翌朝まで野宿しようとしました。

しかしあまりにも寒くお腹も減り、閉店間際のラーメン屋さんに入りました。

ご夫婦で営まれている店のようでした。彼らは私を見て何か察したのか、

「お兄さん、見ない顔だね。遅くにカバン持って」

と、声をかけてくれたのです。

「タクシー乗って帰るから、待ってて」

事情を話すと、「うちの店、通いでタクシー乗って帰るから待ってて」と、一言。

店を閉めた後、一緒にタクシーに乗せてくれました。そして、ある場所に連れて行ってもらったのです。

「ここのサウナ安いし、24時間だから」

彼らはそう言うと、私の分もタクシー代を払ってすぐに去っていきました。

私はそこで体を温め、仮眠をとり、翌朝には無事に飛行機で北海道まで帰省しました。祖父の葬儀にも間に合いました。

あのラーメン屋さんのご夫婦には感謝しきれません。

お礼も言えないまま、30年が経過しました。おふたりはまだラーメン屋さんを営んでいるのか、ふと思い出す今日この頃です。

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

Jタウンネットでは、読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集している。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッター(@jtown_net)のダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、「いつ、どこで出会った人に、何について感謝を伝えたいのか(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度〜)」を、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

Jタウンネット

「訃報」をもっと詳しく

「訃報」のニュース

「訃報」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ