仕事についての意識調査から見えた、「幸福度No.1」福井の県民性

11月28日(月)12時0分 Jタウンネット

'働きやすさ'とは(グラフ作成:ALL CONNECT)

写真を拡大

日本で最も「幸福度」が高い都道府県はどこか、あなたは知っているだろうか。それは、福井県だ。日本総合研究所によるランキングによれば、福井県は2014年、15年と連続して1位を獲得している。こうした福井県民の秘密はどこにあるのだろうか。


福井県内と県外に住む20代〜60代の有職者男女それぞれ200人を対象に、「仕事に関する充実度調査」を実施した結果、福井県民は全国平均よりも「働く幸福度」が高いというデータが出た。調査は、通信インフラサービスを展開するALL CONNECT(福井県福井市)が2016年10月3日〜5日にわたり、インターネットでアンケートを実施した(有効回答数400人)。


今回の調査では福井県が「幸福度No.1」である理由を探るべく、仕事を通じて「幸せ」や「充実感」、「何」を大切にしているかを全国の結果と比較した。


福井の女性は家庭的な人が多い!?


調査はそれぞれ、福井県在住の男性、福井県在住の女性、全国(福井県以外在住)の男性、全国(福井県以外在住)の女性に分けて統計をとった。調査の結果、福井の県民性が見て取れた。


まず「働きやすさ」とは何かを問う項目では、すべてにおいて「人間関係が良好である」ことが最重要事項となった。福井県と全国を比較すると、男性で3.2ポイント(pt)、女性で10.1ptと大きく差が開いた。とりわけ福井県女性は86.3%と、人間関係を重視し良好に保とうとする意識が高いことがわかる。さらに全国の女性と比べ、賃金や仕事内容よりも人間関係や福利厚生などの所属する環境を重視していることが明らかになった。



働く目的については、「生活のため」が総合1位となった。「家族のため」という回答では、福井県女性が33.3%、全国の女性が14.3%と倍以上の差が開いた。また福井県では、「家族との時間」を大切にしているとの回答が6割以上を占め、福井県女性は全国の女性と比べて17.5pt高い傾向にあった。家族を大事にする献身的な女性が多いのかもしれない。




福井県女性の家族を想う気持ちは、福井県男性にも好影響を与えている。福井県男性は全国の男性よりも、現在の職場・仕事に関して自信を持って取り組んでいる人が多く、福井県女性の支えによるところが大きいのではないか。



さらに、働く上でどれだけ幸せを感じているかを10点満点で数値化してもらったところ、福井県男性5.95・全国男性5.84、福井県女性5.88・全国女性5.45と僅差ながら、福井県民は全国よりも幸福度が高いことがわかった。福井県は「幸福度No.1」でもあることから、仕事も含め幸せを感じている人が多いのだろう。

Jタウンネット

「幸福度」をもっと詳しく

「幸福度」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ