「内田理央 電マ」というパワーワードに世間が騒然 田中圭との密会を撮られた女優が「セックスが趣味」の女性を演じる

11月28日(木)12時10分 TABLO

『来世ではちゃんとします』公式サイトより

写真を拡大

11月25日、女優の内田理央さん(28)が来年1月スタートの連続ドラマ『来世ではちゃんとします』(テレビ東京系)にて、5人の男性と関係を持つ性依存系女子の主人公を演じることが発表されました。それと同時に、寝ている男性の横で上半身白シャツのみというセクシーな姿の内田さんが電気マッサージ機を持っているというキービジュアルも公開され、ファンに衝撃を与えています。

電マの破壊力に鼻血が出そう

ドラマの原作は、漫画雑誌『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画。主人公は「セックスは金のかからない趣味」とわりきり、5人のセフレがいるCG製作会社のアラサーOL。内田さんもこの漫画を以前から愛読していたとのことで「私とは全く違うタイプ」と言いつつも「だからこそすごく興味津々」とやる気満々のコメント。「男の人も女の子を知るために見ていただければモテる秘けつになると思う」と視聴者へメッセージを送っていました。

内田さんの並々ならぬ覚悟と決心は公開されたキービジュアルからも充分に窺い知ることができますが、“電マを持った内田理央”の姿に心を撃ち抜かれた人が続出しているようで、ネットは「だーりおちゃんと電マの破壊力に朝から鼻血出そう」「だーりおと電マで隣に男性が寝てるとか、もう変な妄想しか出来ひん←やめなさい」「だーりおが電マ持ってんだぞ!!!えっちすぎる!!!」「だーりお、チャレンジだなぁ」「だーりお 電マ はパワーワードすぎて草超えて森超えてモーリーファンタジー超えてファイナルファンタジーwww」と大盛り上がり状態でした。

セーラー服にふんどし姿

内田さんといえば「だーりお」の愛称で親しまれ、ファッション誌「MORE」の専属モデルとして活躍しているスタイル抜群の美女。2014年に『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)で女優デビュー後は、2016年に映画『血まみれスケバンチェーンソー』に主演。セーラー服にふんどし姿というとんでもない姿で血まみれになってチェーンソーを振り回すなどといった体当たり演技に挑戦するなど、根性のあるところを見せている頑張り屋。2018年には人気ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)にて主人公に想いを寄せる幼馴染役を好演し、女優としての評価を上げています。

「濃い顔の美形&抜群のスタイルなのに加えて人懐っこい性格なので“共演者キラー”としても知られ、2018年には『おっさんずラブ』で共演した田中圭さんとの密会報道が話題を呼びました。また内田さんが2018年9月に『anan』表紙にて手ブラの裸ジャケット姿を披露すると『仮面ライダー』で共演した竹内涼真さんがTwitterにて『さすがです!!内田先生!! 非常に興味深い』と反応するなど、仲の良いところを見せていたり…。ガチで“モテ女”な内田さんが演じる“性依存症の女”、楽しみですね」(テレビ局勤務)

『来世ではちゃんとします』のプロデューサーがコメントで「かなり振り切って演じてくれています」と内田さんの演技に太鼓判を押しているだけに、かなり期待大!? 楽しみに待ちたいところです。(文◎小池ロンポワン)

TABLO

「内田理央」をもっと詳しく

「内田理央」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ