被害者なのに不利? 不倫されたのに離れられない「サレ妻」の弱み

11月28日(土)21時30分 yummy!

SNSやスマホのおかげで、不倫が増えた分、旦那さんの不倫を暴くサレ妻さんも増えています。しかし不倫されたにも関わらず、離婚できない弱みがサレ妻さんにはあるのです。

目次

子供やお金の問題

「何も知らない子供がパパ大好きなので……あと、かなり育児を手伝ってもらっていたから、親も仕事が忙しいので、1人で育てる自信がありません」(34歳/パート主婦)
「資格も仕事の経験も役に立てるものはほとんどなくて、旦那以上の稼ぎは望めません。子供の習い事や教育費も、お金を掛けているので、今の生活水準を下げてまで離婚することはできないです」(36歳/主婦)
いくら世間が男女平等を謳っているとはいえ、男性ほどは稼ぐことはできないのが女性の弱みですよね。子供がいれば、家事、育児の分担も必要になってきますので、家庭内の役割を旦那さんに託していた場合も離婚できない弱みとなってしまいます。

世間体や環境の問題

「わたしはインスタグラマーで、SNSで夫婦円満をアピールしてきたので、離婚したなんて報告ぜったいにできません。

むしろ旦那の不倫なんてもみ消してしまいたいくらい」(37歳/主婦)
「仕事もしているし1人で生きていこうと思えば生きていけるけど旦那の不倫のせいで、自分にバツイチがつくのは正直イヤ。会社にも離婚する手続きをするのは恥ずかしいし面倒。」(35歳/事務)
最近はSNSでプライベートや夫婦生活の露出をしている人が多く、仲の良さや良い旦那、イクメンをアピールしている人も増えていますよね。みんなが「良い旦那さん、イクメン」というイメージを抱いているのにそれを崩すことはできませんよね。
離婚の手続きは、結婚の手続きよりも大変とよくいいますが、ダブルインカムの収入が当たり前となっているので、女性が仕事をしていてもやはり旦那さんの収入無しの生活は想像できない人が多いようです。

不倫されても旦那が好き

「うちの旦那は不倫を繰り返してるので、子供のために別れた方がいいのは分かっているんだけど、結局旦那が好きなので別れられません。」(38歳/営業)
「毎回めちゃめちゃ謝られるし、二度としないしわたしが1番だと誓ってくれる。なんだかんだわたし自身旦那と離れられないから、どんだけ浮気されても離れられません」(33歳/サービス業)
これが実は女性としての1番の弱みかもしれません。
女性はしたたかな生き物でもあるので、旦那に愛想が尽き覚悟さえ決められれば、1人で仕事も家事もこなす能力はあります。だけど、結局は旦那さんへの気持ちが邪魔をして許してしまうのです。
しかし好きだからこそ不倫されたフラッシュバックが辛く、オススメはできたものじゃない、とのこと。

なぜか不利になりがちなサレ妻さん

悪いのは不倫した夫のはずなのに、離婚もできずさらにその後フラッシュバックに苦しまぬくてはいけない、という何故か不利な立場になってしまうサレ妻さん。
離婚したところで、満足のいく養育費や慰謝料を請求できるとは限りません。何故かサレ妻さんが不利な立場になってしまう世知辛い現実を少しでも変えていきたいですね。
(mashu/ライター)

yummy!

「不倫」をもっと詳しく

「不倫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ