任天堂、ゲームの画像や動画の投稿ガイドラインを公表

11月29日(木)11時25分 弁護士ドットコム

関連画像

写真を拡大

任天堂は11月29日、ネットワークサービスにおける著作物の利用ガイドラインを公表した。個人が任天堂のゲームからキャプチャーした映像やスクリーンショットを利用した動画(ストリーミング配信含む)や静止画を共有サイトに投稿することについて、著作権侵害を主張しないとしている。また、指定するシステムで収益化することについても、著作権侵害を主張しないという。


ガイドラインでは、共有サイトとして、YoutubeやTwitter、ニコニコ動画等を想定している。また、指定したシステムとして、Facebookやニコニコ動画(生放送)、TwitchやYoutubeなどの収益プログラムへの投稿も認めている。


ただ、ファンアート等の二次創作については、「各国の法令上認められる範囲内で行ってください」としている。


また、今回のガイドラインは個人を対象としたもので、法人は対象外となっている。


詳細は任天堂のサイト(https://www.nintendo.co.jp/networkservice_guideline/ja/index.html?fbclid=IwAR1hkCVi9kznjv5AchwtH2PbAbwtzWKGC7RaBAxJvQVAPcKcngeDDT1A4jQ)に記載されている。


(弁護士ドットコムニュース)

弁護士ドットコム

「任天堂」をもっと詳しく

「任天堂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ