次に購入したい車、1位「軽自動車」、2位「ミニバン」 エンジン別では依然として「ガソリン車」が人気

11月29日(金)20時8分 キャリコネニュース

軽自動車を購入したい女性が多かった

ソニー損害保険は11月29日、カーライフに関する調査結果を発表した。調査は10月中旬にネット上で実施し、月1回以上車を運転する18〜59歳の男女1000人から回答を得た。

次に車を買い替える際、購入したいボディタイプを聞くと、最多は「軽自動車」(34.6%)だった。2位以降は「ミニバン」(16.9%)、「コンパクトカー」(16%)、「SUV・クロカン」(11.7%)、「セダン」(10.2%)と続く。男女別にみると、1位の「軽自動車」は、女性(46.3%)が男性(23.9%)を20ポイント以上も上回る結果だった。

カーシェアの利用理由「カラオケの練習場所として」という人も


購入したい車のエンジンタイプについては、1位の「ガソリン自動車」(50.1%)に半数以上の回答が集まった。次いで、3割以上が選んだハイブリッド自動車」(32.7%)が多かったが、3位以降の「電気自動車」(6.2%)、「プラグインハイブリッド自動車」(5.4%)、「クリーンディーゼル自動車」(4.8%)、「燃料電池車」(0.5%)は極端に少なかった。

また、カーシェアリングの利用実態では「利用したことがある」(8.6%)と答えた人は1割に満たなかった。年代・男女別では「10・20代男性」が25.6%と他の年代、性別に比べて高い傾向があった。利用した理由を聞くと、

「運転に慣れておきたかった」(40.2%)
「自家用車とは違う車を運転したくなった」(36%)
「乗ってみたい車があった」(30.2%)

と初心者ドライバーの練習や、購入者の検討材料のために利用するケースが多いようだ。このほか「カラオケ・歌の練習場所として」(11.6%)、「休憩・仮眠の場所として」(10.5%)という回答もあった。

あおり運転の対策、1位は「ドラレコ設置」

続いて、「あおり運転の対策として効果があると思うもの」を聞くと、7割以上が答えた「ドライブレコーダーを設置する」(73%)が1位。次いで、「車間距離を広く取る」(55.5%)、「余裕のある車線変更を行う」(41.8%)、「無理な割込みをしない」(41.4%)、「早めにウインカーを出す」(31.5%)が続いた。対策としては、安全運転に気を配るよりもドライブレコーダーを設置することが効果的と感じている人が多いことが分かった。

一方、ドライブレコーダーを「付けたいと思う」(55.4%)と考えている人が半数以上いるにもかかわらず、「すでに付いている」(32.1%)と答えた人は3人に1人にとどまった。

また、車のボディタイプ別のドライブレコーダー搭載率では、最多が「SUV・クロカン」(51.5%)だった。2位は「セダン」(42.9%)。以降は「ステーションワゴン」(40.2%)、「ミニバン」(35.7%)、「コンパクトカー」(35.7%)、「軽自動車」(24.6%)と続いた。


キャリコネニュース

「ガソリン」をもっと詳しく

「ガソリン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ