撮影者もアートの⼀部! 共感型アート展「VINYL MUSEUM」開催

11月29日(木)12時42分 マイナビニュース

表参道 BANK GALLERYでフォトジェニックな非日常空間をテーマとしたアート展「VINYL MUSEUM」(ビニール・ミュージアム)が11月29日よりスタートする。展示作品はすべて撮影可能となっており、アートを鑑賞するだけでなく、撮影者自らがアートの一部となってコミュニケーションするという参加型のアート展を目指している。

○撮影自由なアートブースでインスタ写真を

「VINYL MUSEUM」は、インフルエンサーを含むソーシャルオーソリティーマーケティングを展開するLIDDELLが昨年より行っているアート展。SNSの特徴の1つである「"共感"が"体験"を促し、"投稿"する」という一連のコミュニケーションの循環をテーマとしている。

今回の開催テーマは「TRIP TO THE WONDER HOTEL」。5階建ての会場内に展示してある作品はすべて撮影可能となっており、クリスマスシーズンのホテルをイメージしたアートブースの中で自由に写真を撮ることができる。開催日時は11月29日から12月12日の11時〜21時20分で、60分入替制。入場料は前売券1,800円、当日券2,300円。

また、各アートブース内で撮影した写真に特定のハッシュタグをつけてInstagramにアップすると、抽選で宿泊券や食事券、リップセットや各種グッズがもらえるキャンペーンも実施。協賛各社のハッシュタグは各アートブースに記載される。

一例を挙げると、ビニールミュージアム内の写真に「#マイナビVM」「#マイナビ」というハッシュタグを付けた場合、抽選でペア宿泊券、アフタヌーンティーペア食事券がプレゼントされる。フォトジェニックな写真が取れたらハッシュタグとともにInstagramにアップしてみると良いかもしれない。

マイナビニュース

「EU」をもっと詳しく

「EU」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ