「チバニアン」3次審査通過、科学的検討は事実上終了

11月29日(金)21時17分 読売新聞

 茨城大や国立極地研究所などの研究チームは29日、地質学上の時代名の一つを「チバニアン」(ラテン語で「千葉の時代」)と命名するための申請が、国際学会の3次審査を通過したと発表した。これで専門家による科学的な検討は事実上終了し、今後、国際学会の理事会で承認されれば、46億年に及ぶ地球の歴史を表す地質時代名で初めて、日本の地名が付くことになる。

 千葉県市原市の渓谷沿いにある地層は「千葉セクション」と呼ばれ、最後に地磁気が反転した約77万3000年前の痕跡が残る。研究チームはこの地層を根拠に、これまで呼び名がなかった中期更新世(約77万4000〜約12万9000年前)を「チバニアン」と命名するよう申請していた。

 研究チーム代表の岡田誠・茨城大教授(古地磁気学)は「応援してくださった方々に感謝を伝えたい。地質学への理解や関心が高まるきっかけになればうれしい」と話した。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「チバニアン」をもっと詳しく

「チバニアン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ