生田斗真&安田顕の“ニートブラザース”に「中毒性ある」と賞賛の声…「俺の話は長い」8話

12月1日(日)0時15分 シネマカフェ

「俺の話は長い」第8話 /「ミカンとコタツ」(C) NTV

写真を拡大

生田斗真主演、“屁理屈が上手すぎるダメ男”とその家族の織りなすホームコメディ「俺の話は長い」。その8話が11月30日オンエア。今回は安田顕演じる光司もニートとなって、生田さん演じる満と“ニートブラザース”を結成。2人の歌に爆笑の嵐が巻き起こっている。

起業に失敗、天才的な屁理屈で自らを正当化し続け、6年間に及ぶ無職ニートを続けてきた岸辺満に生田さん。自宅の建て替えに伴い満が住む家族の実家に一時的に引っ越してきた姉・秋葉綾子に小池栄子。綾子の再婚相手で元バンドマンの夫・光司に安田さん。綾子と元夫との娘・春海に清原果耶。満と綾子の母親・岸辺房枝に原田美枝子。満と光司が通う「Bar クラッチ」のバーテンダー・駒野海星に杉野遥亮といった俳優陣が出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
房枝に積極的なアプローチする檀野(長谷川初範)が光司の就職先を紹介してくれることになり、檀野から豪華鉄板焼をごちそうになる光司は綾子。岸辺家では檀野と房枝の再婚を後押しをする雰囲気になるが、檀野を快く思わない牧本(西村まさ彦)が満に2人の恋を邪魔して欲しいと頼み込んで…という「ゆで卵と福引き」。


檀野の紹介で議員秘書の面接を受けた光司だが結果は不採用。部屋にこもり食事も取らない光司を心配した綾子は、満に光司のことを見守って欲しいと頼む。だが実際は部屋でジグソーパズルを作るのに没頭していただけで、満と光司はこたつを囲んで、そのうち一緒に曲作りをはじめる…という「ミカンとコタツ」の2本を今週は放送。


議員秘書の仕事を紹介してもらい面接に臨む光司。緊張感からかひきつり笑いになる光司を演じた安田さんの演技に「よくあんなピクピクさせられるなww」「ひきつり笑いが上手すぎる」など驚嘆の声を上げる視聴者が続出。

後半では生田さん演じる満と揃いのスウェットで“ニートブラザース”を結成、2人で曲作りをするという展開に。ギターを弾きながらアドリブかのような表情を見せ2人で熱唱する姿に「満と光司さんコンビ大好きめっちゃほっこりする」「絶対アドリブだったよね?!激ユルで高らかに笑ってしまった」「光司さんの歌歌詞は最低だけど中毒性ある」「歌のくだり最高すぎた笑笑」などの声が殺到。

「ヤスケンさんは音楽復活するのかな?」とミュージシャン“光司”復活に期待を寄せる視聴者からの声も上がっている。

シネマカフェ

「ニート」をもっと詳しく

「ニート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ