交差点では「道路ギリギリで待ってはいけない」 大型車は右折時に歩道側へ振り出す、教習所が注意呼びかけ

12月2日(月)15時39分 BIGLOBEニュース編集部

画像は烏山自動車学校Twitter(@KarasuyamaDS)より

写真を拡大

交差点の横断歩道で待つ際、道路のすぐ側に立っていると危険なことを自動車教習所が再現動画で説明し、注目を集めている。


栃木県にある教習所「烏山自動車学校」は、大型車が曲がる際、車体の後部が外側に振り出る現象を動画で再現。交差点で右折する大型車は、後輪までは車道を通過するが、曲がるにつれて徐々に歩道に寄っていく。そして、リアバンパーが通過する際には、車体後部が大きく振り出し、歩道に立っていたポールをなぎ倒してしまった。


この動画を「烏山自動車学校」は、「交差点の横断歩道で待つときに、絶対に道路ギリギリで待ってはいけない理由がこちらです」とTwitterに投稿。実際に怖い思いをしたという声や、「これは左折する大型車を右車線から追い抜くときも注意せんとあかんやつ」といったドライバー目線の声なども寄せられている。


烏山自動車学校は、振り出しのことを知らない人が多いとして、「後輪から車体後端までが、長い車ほど振り出しが大きくなります」「特に、高校生以下に伝える必要がある」と注意を呼びかけている。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「Twitterで話題」をもっと詳しく

「Twitterで話題」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ