ヨーロッパに点在するサナトリウム廃墟

12月2日(月)20時30分 カラパイア

03_e1

 ヨーロッパの山々には点在するサナトリウムがある。これらは当時結核を患った人々が長期療養するための場所として使用されていたものだ。

 18世紀末から19世紀にかけてヨーロッパで大流行した感染症である結核は、当時有効な治療法が確立されておらず、死の病気と恐れられていた。

 そのため患者は人里離れた山奥に隔離されるのが一般的だった。

 これらの写真は放棄されたまま現在に残る、ヨーロッパのサナトリウム廃墟を撮影したものだ。

1.
01_e1
image credit: Sanitarium of the Plagued

2.
02_e1
image credit: Sanitarium of the Plagued

3.
03_e1
image credit: Sanitarium of the Plagued

4.
04_e1
image credit: Sanitarium of the Plagued

5.
05_e1
image credit: Sanitarium of the Plagued

6.
06_e1
image credit: Sanitarium of the Plagued

7.
07_e1
image credit: Sanitarium of the Plagued

8.
08_e1
image credit: Sanitarium of the Plagued

9.
09_e1
image credit: Sanitarium of the Plagued

10.
10_e1
image credit: Sanitarium of the Plagued

11.
11_e1
image credit: Sanitarium of the Plagued

References: Urban Ghosts/ Sanitarium of the Plaguedなど / written by どくきのこ / edited by parumo

カラパイア

「ヨーロッパ」をもっと詳しく

「ヨーロッパ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ