行列ラーメン店『MENSHO』の新店が渋谷パルコにオープン! 逆輸入のワンハンドスタイルで食べる「和牛×ラーメン」とは?

12月2日(月)10時50分 食楽web

行列ラーメン店『MENSHO』の新店が渋谷パルコにオープン! 逆輸入のワンハンドスタイルで食べる「和牛×ラーメン」とは?
食楽web

 ミシュランやZAGATなどのグルメガイドでも紹介され、数多くの受賞実績を持つMENSHOグループの国内10店舗目『Jikasei MENSHO』が、11月22日、渋谷パルコ地下フロアにオープン。さっそく味わってきました。

 新店のコンセプトは「WAGYU×RAMEN」。スープのだしやチャーシューはもちろん、和牛ごはん、シウマイなど、和牛を使ったメニューが味わえます。

 いただいたのは国産和牛の甘み、唐辛子の辛さ、四川花椒の痺れの三位一体を味わえる「牛とろシビレ担々麺」。スープは練りたての芝麻醤や秘伝の醤油だれをベースに、アーモンドミルクのコクが絶妙なバランスでまろやかな印象です。

 低温調理でトロッと柔らかく仕上げた和牛チャーシュー、燻したナッツ、水菜、ねぎ、にら、青梗菜など、具だくさんなので、満足度の高さも十分です。

 麺はなんと“キヌア”入り。ミネラル、脂質、食物繊維などをバランスよく含んだスーパーフード“キヌア”を練り込み、糖質やグルテンを抑えた自家製縮れ麺はもちもちで食べ応えありです。

 味変を存分に楽しめる自家製黒七味は、和歌山のぶどう山椒に、唐辛子、山椒、白胡麻、黒胡麻、ケシの実、麻の実、青海苔、青紫蘇をブレンドしたもの。フルーティーさも感じられる爽やかな後味は、味を変えるというより、香りを七変化させるスーパー薬味といったところです。ぜひ、食中の後半戦にご堪能あれ。

 さらに、樹脂製のオリジナルの縦型らぁめん器もインパクト大。持っても熱くなく、保温性も高く、ワンハンドスタイルでワイングラスのように香りが楽しめるのが特徴。一般的な陶磁器と比べて間口が狭い分、少量の油分でコクを出せるため、ヘルシーな仕上がりになるそうです。

 気軽にラーメンを楽しめるよう開発されたワンハンドスタイルはすでにサンフランシスコで大人気。西海岸の若者たちの間で流行のこのスタイルを逆輸入した日本初上陸店とあって、話題性も十分です。

 MENSHOグループ代表の庄野智治さんによると、今回ご紹介した「牛とろシビレ担々麺」のほかにも、注目メニューが盛りだくさん。

 例えば、和歌山産ぶどう山椒の実をトッピングし、注文ごとにセイロで蒸し上げる「和牛シウマイ」や、ホカホカのごはんに和牛サーロインを3枚のせ、そこに厳選卵黄をトッピングした「贅沢!! 卵かけ和牛ごはん」。さらに和牛だしに枯れ節だしを合わせ、トリュフの香りをまとわせた「霜降和牛醤油ラァ麺」などなど。

 これまで独創的なラーメンを世に出してきたMENSHOの「和牛とラーメン」の世界を存分に味わってみてはいかがでしょうか。

●SHOP INFO

店名:Jikasei MENSHO

住:東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコB1F
TEL:03-3464-5111
営:11:00〜23:30

食楽web

「ラーメン」をもっと詳しく

「ラーメン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ