【医師監修】会陰切開の痛みはいつまで続く? 対策は?

12月3日(火)11時34分 マイナビウーマン子育て

出産時に受けた会陰切開の傷の痛みや、ひきつるような違和感はいつまで続くのでしょうか? そもそもなぜこうした施術が必要なのでしょう。会陰切開についてまとめます。

この記事の執筆・監修ドクター 松峯美貴先生 医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。http://www.toho-clinic.or.jp/

会陰切開・裂傷とは?

なぜ「会陰切開」するの? みんな切るもの?

661949115

Getty logo

会陰の伸びが十分でない場合、また、会陰の伸びと比べて赤ちゃんの頭が大きい場合、そのままだと大きく裂けてしまう(肛門や直腸と腟の壁、直腸粘膜にまで傷が及ぶ)ため、裂傷を防ぐために人工的に会陰を切る(会陰切開)ことがあります。

会陰切開はすべての妊婦さんに行われる施術ではなく、必要がある場合に限って行われることになっています。

自然裂傷は「予測不可能」

会陰の伸び具合、腟と肛門の距離、皮膚の厚さなどはとても個人差が大きいものです。そのため自然裂傷が複雑で、程度が大きいと予測される場合があります。

一般的には肛門側に裂傷が起こることが多いとされますが、それも一概に言えません。そこで軽傷で、早期治癒が可能になるよう主治医が適応を検討します。

会陰の切開法は決まっている?

会陰切開で多く行われるのは「正中切開法」(肛門方向へまっすぐ)または「正中側切開法」(少し斜めの角度)などと呼ばれるもので、それぞれメリット・デメリットがあり、どのような選択をするかは先に述べた会陰周囲の個人差と分娩法に合わせて主治医が選択します。

「一概に言うことはできませんが、経産婦などで切開の必要がないと見立てられる人、よく伸びる人の場合、妊婦さんとも相談の上、切開しない選択もしています。その結果として自然裂傷が起こることもあれば、起こらないこともあります。

会陰マッサージなどの会陰ケアは、皮膚がやわらかくなり、会陰が伸びやすくなるので、会陰裂傷の予防にオススメです。開始する時期ややり方は、医師や助産師に聞いてみてください。

妊婦さん自身が自分にとってより快適な分娩に向けて準備やケアをするのはとてもいいことだと思いますので、出産を楽しみにケアできるといいですね」(松峯先生)

会陰の痛みはいつまで続く?

873826210

Getty logo

一般的には2〜3日は強い痛みがあるものの、退院するころには和らぐことが多く、1ヶ月健診のころには痛みがなくなることが多いようです。

切開は必要最低限の範囲で行われますが、傷の程度、深さには個人差があり、痛みが続く期間もそれに応じて個人差があります。

抜糸はする?

会陰切開や裂傷で傷を縫合(縫い合わせ)する際、昨今は吸収糸(体に吸収される糸)を使うことが多く、1ヶ月健診のころにはなくなっているのが一般的です。

吸収糸で縫い、何本か抜糸する縫い方もあり、その抜糸によりいくらか痛みが楽になることはあるものの、そのような方法がすべての人に適応するとは限らないようです。

「縫い方は数タイプあり、医師は妊婦さんによって、適応を考え、縫い方を決めます。何か希望があれば事前に伝えるとよいと思いますが、傷の程度などにより希望通りにいかない場合もあります。主治医とよく話し合っておきましょう」(松峯先生)

痛みがひどい場合は?

主治医に相談

痛みがつらいときはがまんせず、主治医に相談して鎮痛剤の処方を受けましょう。授乳中も飲める薬があり、退院後用にも出してもらうことができます。

刺激せず衛生を保つ

一般的な切り傷と同じで、傷の早期治癒には清潔を保つことが大切です。シャワーを浴びる際にはやさしく流水で汚れを流し、清潔にしましょう。傷を刺激したり、しみることは避け、石鹸やボディソープの使用については医師に相談してください。

生活の上では、座るときに傷口が傷むという人もいます。会陰部分が直接椅子や床につかないにU字型クッションなどを利用するのもよい方法です。

便秘を予防する

傷が治り切らないうちは排便でいきむのも心配かもしれません。力強くいきまないと出ないような便秘にならないように気をつけ、早めに産科で薬をもらって排便リズムを整えるようにしましょう。

「赤ちゃんのお世話で自分自身の水分補給や食事がおろそかになってしまうママも少なくありませんが、ママの健康は赤ちゃんの健康のためにも大切だということを、どうぞ忘れないでください。

母体の回復のためにも滋養のある食生活が必要な時期です。野菜がたくさん入ったお味噌汁やスープなど、心も体も温まる、消化のいい献立をしっかり食べましょう」(松峯先生)

まとめ

964065094

Getty logo

会陰切開については、する・しないという判断も、傷の程度も個人差によるところが大きく、そのため痛みの続く期間なども一概には言えません。多くの場合は産後の入院中に一番痛みがひどく、退院する頃から徐々に和らいでくるでしょう。ただし、生活に支障をきたすような痛みや腫れ、出血などがあるときはがまんせず、主治医に相談し、なるべく快適に過ごせるようにケアを受けましょう。産後の体の回復と、新しい家族を加えた生活のリズムが早期に整うよう、大切にお過ごしください。

(文・構成:下平貴子、監修:松峯美貴先生)

※画像はイメージです

マイナビウーマン子育て

「医師」をもっと詳しく

「医師」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ