ソフビの巨匠とフォルクスワーゲンがコラボ 渾身のオリジナルソフビ怪獣「タンガー」と「オキテルン」が誕生

12月3日(火)11時0分 おたくま経済新聞


 フォルクスワーゲンで最も小さい車「up!」。そのプロモーションとして、ブランドムービー第6弾「情熱は終わらない UP!ALL NIGHT」が12月3日から公開。今回、ソフビの巨匠とコラボし、オリジナルソフビ怪獣が誕生しました。

 UP!ALL NIGHTは、「時間に縛られない、自由を手に入れよう。」をテーマに、自分の好きなことに昼夜問わず情熱を燃やし続けている人達を応援するWEBムービーシリーズ。

 今回は、ソフビ(ソフトビニール)人形の彩色一筋70年、巨匠・マスター後藤こと後藤博さんや、気鋭のソフビビルダー(怪獣芸術家)とコラボレーション。ソフビ人形作りに情熱を燃やす彼らが、夜通し頑張っている人たちを応援する、オリジナルのソフビ怪獣を作り上げました。



 ソフビ人形と言えば、ウルトラマンや仮面ライダー、さらにその作品に登場する怪獣など、当時の子供たちにとっては宝物で、夢中で遊んでいました。その中には、現在になって高額で販売されているものもあります。

 ムービーでは、オリジナルのソフビ怪獣「タンガー」と「オキテルン」を、後藤さんたちが制作していく過程に密着。スタッフと会話をしている時は終始笑顔で可愛らしい表情すら見せるソフビ彩色マスターの後藤さんですが、いざ作品への彩色が始まった途端に今までの表情が一変。その様子からは、70年間、時を忘れてソフビ人形の彩色に情熱を燃やし続けた本当の職人の姿を垣間見ることができます。



 そして、このソフビ怪獣は、中野ブロードウェイや秋葉原に店舗を持つソフビショップ兼プロデュースカンパニー「one up」と、後藤さんを信頼・尊敬するソフビビルダーのピコピコさんとガム太郎さんが原型をデザイン。

 ピコピコさんは、日本テレビ制作のドラマ「ST 赤と白の捜査ファイル」に登場したキャラクター「ガッキーくん」を創作。一躍話題となり、高額プレミアがつくほどの人気になりました。また、乃木坂46サードシングル「走れ!Bicycle」の初回仕様限定盤特典DVDに収録される「33人ぶらり旅」の予告編で、制作した着ぐるみが謎の登場を果たし、ファンの間で話題に。



 そんなピコピコさん作の「タンガー」は、1つのことに情熱的に集中する1つ目が特徴的な怪獣。深夜になると舌の数が増えていき、活発的になる習性があります。あまりに1つのコトに集中しているため、口元はすごい笑っているが、どうしても目がギラついてしまいます。



 一方のガム太郎さんは、2004年からガムリアンズという宇宙人や怪獣を毎日デザインするブログを開始。2006年にはTBSやNHK教育「ふしぎワールド」などで、かわいいキャラクターデザインが採用されました。さらに、2014年にNYで出版された「WE ARE INDIE TOYS!」では、日本人2名の枠に選ばれ、レジン作品が紹介されました。



 ガム太郎さん作の「オキテルン」は、夜通し活動しているため、若干眠たそうですが、大きな目で情熱を感じさせる、憎めない愛らしい風貌が特徴の怪獣。自らを鼓舞するか(眠気を覚ましているか)のように、口を大きく開け、大きな牙を振りかざし、夜な夜な頑張っています。



 70年以上もソフビ人形に情熱を注ぎ続けた後藤さんが1点1点彩色し、独自のカラーリングで塗り上げられた渾身のオリジナルソフビ怪獣「タンガー」と「オキテルン」は、各100体ずつプレゼント。応募期間は12月3日〜26日までで、特設サイトの専用フォームから応募できます。



情報提供:フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社

(佐藤圭亮)

おたくま経済新聞

「フォルクスワーゲン」をもっと詳しく

「フォルクスワーゲン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ