流行語大賞「そだねー」に吉田知那美「ホールに聞きに来て」

12月3日(月)19時0分 NEWSポストセブン

カーリング人気を高めた、ロコ・ソラーレのメンバー

写真を拡大

 12月3日、「第35回2018年 ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、年間大賞に輝いたのはカーリングの「そだねー」だった。銅メダルを獲得した平昌五輪のアイスで、吉田知那美らが作戦に同意する時などに、北海道弁独特のイントネーションで口にした相槌だ。「単純に響きが可愛い」「緊迫した試合中でも癒される」とカーリング人気に拍車をかけた。


 ロコ・ソラーレのメンバーはノミネートされた後は「素直に嬉しいですけど、普通に言っている言葉だから」、「自分たちが訛ってるの知らなかった」と、多少の戸惑いも抱いていたが、チーム結成以来、コーチを務める小野寺亮二コーチは「普通に使っている言葉だからこそ嬉しい。道民もみんな、喜んでくれると思います」とコメントした。


 大賞受賞を受けて“インフルエンサー”のひとり、吉田知那美はこう語る。


「カーリングっていうスポーツから、流行語を生むなんて数年前、誰が想像できただろうと思います。それだけ認知されたということ。ありがとうございます。これからも頑張ります。でも最近は、私よりてっちゃんやユータの方が使ってますよ」


 彼女が「てっちゃん」と呼ぶのは今季から男子カーリングに参入したコンサドーレのサード・清水徹郎だ。吉田知とはミックスダブルスという男女ペアの種目でパートナーを組み、先月も青森で自主合宿を組むなど強化を継続している。


 清水はSC軽井沢クラブの一員として平昌五輪にも出場した長野県出身のカーラー(カーリング選手)だが、今夏からコンサドーレに加入し、札幌に居を移した。そこでの生活や道産子に囲まれてのトレーニングで、「自覚はないのですが、徐々に侵食されているのでしょう。言ってたとしても周りも普通に使っているので自分でも分かんないんですよね」と苦笑いを浮かべる。


 同じく、コンサドーレのスキップ「ユータ」こと、松村雄太も長野出身のカーラーだ。知那美と夕梨花ら吉田姉妹の長女・菜津季さんの夫でもある彼は、2012年に北海道に移住した経緯もあり「そだねー」の他にも、試合中に「いいんでないかい?」や「こっちのほうが投げやすいかい?」といった、北海道弁も板についてきた印象すらある。


 こちらも清水同様「まったく意識もしてないし、認識もしてなかった。そんな言ってますかね?」と自覚はない模様。「改めて指摘されると、なんかすげー恥ずかしい。でもこれがきっかけでまた、カーリングが注目されたらいいですね」と語った。


 当人であるロコ・ソラーレのメンバーは一時、アイス外のことばかり注目されるのを避け、一時、テレビやイベントでは「そだねー」を封印していたが、吉田知は「アイスでは全然、言ってますよ。観に来てくれれば聞けます」と満面の笑顔を浮かべた。 



 ただ、ロコ・ソラーレは今季、ツアーの最高峰タイトル「グランドスラム」のほか、日本代表として派遣されるW杯、パシフィック・アジア選手権などに立て続けに海外の大会に出場しているため、今のところ、出場予定の国内の試合は来年2月に札幌で開催される「第36回全農日本カーリング選手権大会」のみだ。


 主催するJCA(日本カーリング協会)によると、チケットの発売については「同HPで年内にアナウンスします。発売開始は年明けを予定しています」とのこと。オリジナルの吉田知らの「そだねー」を聞けるチャンスは今季は1度きりだ。


「みなさん、ぜひJALに乗って北海道のホールに遊びに来てください!」


 この吉田知の誘いに「そだねー」と応じて、ホールに足を運ぶファンが増えれば増えるほど、カーリングはますます人気スポーツになっていくはずだ。


■取材・文/竹田聡一郎(スポーツライター)

NEWSポストセブン

「大賞」をもっと詳しく

「大賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ