ベルギーの職人によるこだわりの製法 「ブノワ・ニアン」バレンタイン向けチョコレート

12月4日(水)12時30分 J-CASTニュース

ブノワ・ニアンの2020年バレンタインコレクション

写真を拡大

ベルギーのチョコレートブランド「ブノワ・ニアン」は、2020年のバレンタインコレクション発表会を2019年11月27日、ベルギー大使館(東京都千代田区)で開いた。

発表会では、ブランド名になっているカカオ職人・BENOIT NIHANT(ブノワ・ニアン)氏のこれまでの経歴が説明された。また、チョコレート作りにおけるこだわりが本人の口から語られた。



チョコ作りはカカオ農園を訪ねるところから



ブノワ・ニアンは現在、日本に店舗をもたないが、2020年1月中旬より三越、伊勢丹など全国の百貨店でバレンタインコレクションを販売する。



ブランドの特徴は、「Bean to Bar」といわれる製造スタイルを用いた「シングル・オリジンチョコレート」だ。Bean to Barは、チョコレートの原料であるカカオ豆の選別から、焙炒、調合、成形までと、チョコレートになるまでの全工程を一貫して手掛ける製法で、徹底した品質管理が必要となる。



シングル・オリジンチョコレートは、ひとつのカカオ畑で、その畑に適した1品種だけを栽培する「シングル・オリジン」のカカオを使ったチョコレート。ブノワ・ニアン氏は、自ら世界のカカオ農園を訪ね、生産者と共にカカオの栽培から携わるとし、こう語った。



「99%のチョコレートメーカーは、材料を企業から買って色々な種類を混ぜて作りますが、私はカカオそのものの味わいを引き出すために、シングル・オリジンにこだわりをもってやっています」


発表会場では、ブノワ・ニアン氏が母親にプレゼントされたショコラポットや、カカオ農園を訪ねる際に欠かせないというつば付きの帽子「パナマ帽」など、自身の思い入れがあるアイテムを展示していた。



イチゴと山椒の組み合わせ、口に入れた瞬間に



続いて、バレンタインコレクションで販売されるチョコレートの試食会だ。



振る舞われた4種類のチョコレートについて、ブノワ・ニアン氏が自ら説明した。ミントのチョコレート「Menthe(マント)」は、新鮮なミントの葉を使用したダークチョコレートガナッシュで、「作る日の朝に市場へ行って手に入れたフレッシュなミントを使用しています」と明かした。



中には、ストロベリーゼリーと華北山椒を使用したチョコレートも。これについては「ユニークでチャレンジングなチョコレート」とコメントした。記者が食べてみると、山椒のスパイシーな香りが上品に広がり、ストロベリーゼリーの甘さと見事に調和していて驚いた。どのチョコレートも舌触りがなめらかで、口に入れた瞬間から溶けていった。



最後に、「今後は日本の食材を使ったチョコレート作りにも挑戦したい」と意欲を見せた。

J-CASTニュース

「チョコ」をもっと詳しく

「チョコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ